ワラにもすがってタウリン

脱獄iPhoneの不具合に慣れて受け入れつつある。
今のところtaurineよりuncoverの方が不具合は軽くて、substituteを古いバージョンにすると良い。
ってかどれを使っても不具合があり、taurineはOSクラッシュまでしちゃうから最悪。
uncoverだと不具合が出た時にLDRestartで解消出来るが、substituteを新しくすると出来なくなる。
だからuncover脱獄でなおかつsubstituteを一つ前のバージョンに下げて、もう満足してた。
自分の環境でしか起こらない不具合なら原因を突き止めて解消したくなってしまう。
が、よそでもチラホラと似たような不具合が出てるようで、じゃあ自分に出来ることは何もない。
最も不具合が軽い環境で使えば、脱獄のメリットがデメリットを上回っている。
これでもういいやって気持ちではある。
が、taurineもuncoverも新しいやつが出てないか気になってしょっちゅうチェックしてる。
substituteの新しいやつも出てないかついついチェックしちゃう。
んで今回、taurineが新しくなったのでまた乗り換えて使用中。
もうbatchomaticはこりごりで、全て手動でインストール作業をしている。
脱獄アプリの設定はrestoreしても消えないみたいで、インストールだけで良いなら楽な作業だ。
ただ、クラッシュを少なくするってのは、ガンを完全に取り切れないって事かも知れないのね。
どこが悪いかわかってて、でもどうにもならないから軽減策を施しただけって事かもな。
そして相変わらずクラッシュするからこそ、ブルースクリーンを用意したって事だろ。
今また使ってみてクラッシュするんだったら、やっぱりもう一回uncoverに戻ろう。
自分で狙って不具合を発生させる方法がわからないので、しばらく使って様子を見るしかない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。