タイムセールの腹筋ベルト

今朝、AmazonのトップページにタイムセールとしてEMS腹筋ベルトが表示されていた。
ちゃんとしたメーカーのちゃんとしたやつは何万円もして、クリロナがCMやってたりした記憶がある。
それの類似品の、中国産の偽物がたったの3000円で買うことが出来る。
朝はタイムセールだったが、終わったらいくらになるのかチェックしたら値段は変わらず。
中国産の変なメーカーの変な類似品は、セール価格もレビューも全部ヤラセなんだな。
ってかそもそも本物でもEMSベルト自体が無意味であり、何万円とかで売る方がよっぽどあくどい。
しかしそれの偽物がたったの3千円なら、オモチャとして買ってみたい興味はわいた。
ちなみにクリロナのやつはシックスパッドという商品で、一式4万円くらいするようだ。
色んな偽物があるようで、3000円くらいから7000円くらいのバリエーションが見受けられる。
7000円はもうオモチャに出せる金額の範疇じゃないと思うので興味なし。
買う前からわかってるが、バカな日本人がバカな理由で間違えて買っている物の代表例だ。
日本では、腹の運動をすると腹の贅肉が取れて腹筋が割れるというイメージが根強い。
イメージが根強いと、実際にそういう事は起こらないけど、起こったんだというレビューが連発する。
嘘つきではないんだけど、そういうもんだと思って買った人は、そうなったと思い込んじゃう。
別に業者がサクラのレビューをしなくても、本当の買った人のレビューすら嘘しか書かれなくなる。
やせる目的の人のやせたかどうかの話は、商品と無関係な個人の生活に関する文章だから無視する。
それ以外のレビューを見ると、やはり壊れやすいとか、最初から動かないとかが多いようだ。
果たして3000円くらいのを買っても3000円分のオモチャになるかどうかすら怪しいところだ。

「腹の筋肉に電気を当てると筋肉痛になる」と言うところまでが信頼できるレビューとなる。
では、筋肉痛になると腹の脂肪が減るのかというと全く無関係。
筋肉痛になると筋肉が発達するのかというと、それは完全には否定できない。
電気の強さ次第ではもしかしたらそうかも知れない。
一つ言えるのは、腹筋が発達するほど力を入れれば、腹筋で体が動いちゃうよねって事。
通常のメジャーな腹筋運動は、倒れた体を持ち上げるような動作でトレーニングする。
それと同等くらいの電気刺激を腹筋に与えれば、寝てる人が起き上がるほど腹筋が収縮する。
立ったままEMSを使えばかがみ込んでしまうかも知れない。
でもそこまで強い物ではないんだろ。
体も起き上がらせない程度の、弱い筋肉収縮を促す電気なんだろ。
そりゃ最初はそれで筋肉痛になるだろうが、筋肉痛になれば効いてるはずってのも日本人の幻想だ。
運動をするよりは楽かも知れないが、時間の無駄、場所の無駄、金の無駄と言わざるを得ない。
だからオモチャとして、付けて遊んでみたいぐらいの気持ちしか持てないのよ。
飽きるか壊すかして廃棄するのも面倒って事を考えちゃってるが。
買ってみたいけどまた今度にしようかなぁ。

鍛えにくい部分を鍛える道具には興味があるが、やせるための道具として流通しているのは残念。
やせる、引き締まる、割れる的な話題を全部避けて、知りたい情報だけを探すのが面倒になる。
たまたまタイムセールで腹筋が目に付いたが、あたしが今鍛えにくいと思ってるのは肩と尻だ。
腹は逆に全然興味ない部位なんだよなぁ。
鍛えにくいけど、鍛える意味を感じない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。