アブローラーと運動神経

筋肉系のYouTubeを見て自分の運動神経のなさを思い知っている。
やっぱり一般人レベルの運動神経があってこそ、より効く筋トレを実践できるようだ。
あたしのような生まれながらののび太君だと、一般人のマネしても似た運動までしか到達しない。
一般人が努力してもイチローや大谷翔平になれないのと同じで、あたしも一般人にはなれない。
ポンコツはアメトークとかで笑いものにされてるが、共感こそすれど笑うところは一つもない。
そのくらい運動神経がダメだと、上げ下げをするだけの筋トレでも一般人と同じ事は出来ない。
もちろんYouTubeでやり方を教えてる人も、想定してるのは一般人の初心者だ。
彼らはそもそも運動神経が人並みに働くからこそ、鍛えてYouTubeで活躍できている。
そう言う人達には一般人の出来ない理由はわかっても、運動神経ない人の出来ない理由はわからない。
これをやれば出来るよって言う初歩の初歩がまず出来ない。
何をやってもそうなのだが、特にアブローラーを腹筋に効かせるように扱うことが難しい。
アブローラーを握って四つん這いになるだけで、どこかに力が入りすぎてガタガタ震えている。
アブローラーを握らなければ何も起こらない姿勢なのに、アブローラーを握るとすごく力が入る。
んで、前後にローラーを動かしてると、腹筋よりも別のどこかの筋肉が限界でセットを終わる。
どこを鍛えてるのかわからないキツい運動になってしまい、腹筋を鍛える運動になっていない。
やってればそのうち慣れるだろうと思って続けてきたが、いつまでも腹筋に効かせられない。
動画を見て上手な人が言ってるコツを頭に入れて試そうとするが全然うまく行かない。
ま、上手に出来る人は運動神経の壁がない人なので、彼らも壁の越え方は知らないのだが。

あたしは人より遅れて水泳や逆上がりを習得したり、運動神経の壁を何度か越えた経験はある。
どうにかアブローラーも、根性ではなく慣れとか工夫とかで習得したい。
だけどさすがにもうアブローラーは、成長なさすぎて諦めようかなと言う事を考えていた。
道具自体が安いので別にさほど損したって事でもない。
今日も全然効かなくて、さすがにもうアブローラーで遊ぶのは今日で終わりだなと思った。
さらばアブローラーか?

ところがその少し後に見た動画で、狭い場所でタチコロするために肘を曲げてる人がいた。
これこそが運動神経の良さがなせる技で、自由に体を支配できてないと思いつきもしない。
これをすごいなと思いつつ、ひょっとして自分は肘が伸びすぎてガチガチなのかと思いついた。
だので一応、肘を曲げるヒザコロをやってみたところ、いつもより圧倒的に腹筋に効いた。
いやもちろん腹筋以外のどこかもまだ力が入ってて、改善はされていない。
けど今までやってきた中で最も腹筋にダメージが入りはした。
どれだけ腕を前方に伸ばせるか、体を沈められるかを意識しすぎていたかも知れない。
出来る人のマネをしたくて、出来る人は腕を前方にまっすぐ伸ばして沈み込んでいる。
それをやりたくて腕の使い方がガチガチになってたと推測する。
動画を見ていったんその気持ちがリセットされ、肘を曲げて体を伸ばしていく方法を始めた。
これはまぁまぁいけるかも。

まだアブローラーをやめないで、もう少し運動神経の壁と戦っていこう。
Amazonの履歴を見たら7月にこれを買ってるので、半年やってまだこのレベルって事よ。
普通の人はこれほど成果の上がらない物はとっくにやめてる。
あたしがモチベを保てる理由は、合法な範囲での薬物使用が心の支えになっているから。
他人より下手な筋トレでも、他人より危険な薬物を使うことでカバー出来るかもと期待している。
薬を飲まないなら、こんな体で筋トレする意味ないし、こんな体で生きる意味もないわけで。
法律が変わって入手できなくなったら死ぬしかない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。