MCTオイル耐性を獲得してた

MCTオイルは飲み過ぎると下痢するらしいが、色んなタイミングでわざと飲み過ぎてみた。
昨日は15mlを4回飲んでみたし、今朝は起きてすぐと2時間後くらいで25mlずつ計50ml飲んできた。
けどたぶんこの量でも下痢はしなさそうだ。
数ヶ月間マルトデキストリンを摂取してたので、下痢にならないように鍛えられたかもしれない。
あたしは浸透圧での下痢っていう話のメカニズムを理解していない。
MCTオイルとマルトデキストリンが両方とも浸透圧で下痢するって話だが、同じ仕組みかどうかは不明。
自分が乳糖で下痢するタイプなのか浸透圧で下痢するタイプなのかも、今ではよくわからん。
だから今あたしがやってることは自分に対する耐久テストであり人体実験だ。
コスパ的にも、こんな大量なMCTオイル摂取をずっと続けたい訳じゃないんだ。
お試しで、朝夕のプロテインに両方入れてみたり、寝る前に直飲みしてみたりとかやってみた。
んで、夕方のプロテインはイヌリンを入れてるんだけど、たぶんこれが油と混ざって固まる。
プロテインを飲んでて初めて異物混入かとびっくりしたが、異物か塊かは確かめなかった。
寝る前に飲むのは、ネット情報では寝てる間に脂肪が燃えるとか、朝スッキリするとか書いてある。
けど今回自分でやって別に何も感じず、寝る前にスプーンを洗う面倒くささでどうしようかと。
やっぱり朝のプロテインに混ぜて1回だけにしたいが、1回ならなるべく多く飲みたい。
かといってやっぱりコスパのことも気になり、せいぜい30mlぐらいを検討している。
液体だから、30mlギリギリのスプーンを使うのではなく、30mlの線が入ったスプーンが欲しくなった。

これだと、朝の血糖値が低い状態で、プロテインに糖質の代わりにMCTオイルを入れてるだけだ。
平日はそれから筋トレして朝食代わりにゆで卵3個食い、昼食わず、夕方にプロテインを飲む。
んで家族と食べる晩ご飯でやっとこさ糖質を入れる。
朝に油をエネルギー源にしたついでに、夕方まで体脂肪をエネルギー源にしてくれることを期待する。
YouTube動画で出てくるケトジェニックダイエットだと、糖質を制限しなければならない。
あたしは糖質を制限してるつもりはなく、出来れば朝は油をエネルギーにしたいだけだ。
んで、夜は一人だけ別メニューの食事じゃなく、普通にみんなと同じ物を食べる。
その晩ご飯の血糖値上昇をなるべく防ぐために、夕方のプロテインにイヌリンを入れてはいる。
別に糖質を減らす工夫はしてないので、油だけで生きる体質には変化出来ない。
動画の説明を見ちゃうと、夜さえ制限出来ればメチャクチャ脂肪が落ちるだろうなと想像はする。
けどあたしはとにかく、続かないことを一時的にやるって言うのが嫌いだ。
一時的に大食いして筋肉を付けるとか、一時的にダイエットして脂肪を落とすとかしたくない。
なるべくずっと継続の習慣の中で、内臓脂肪、脂肪肝、糖尿病を避けるようにだけしたい。
だからとりあえず今は、朝のエネルギーをマルトデキストリンからMCTに変更しただけ。
あと夕食後に必ず別腹でデザートを食ってた習慣を、たまに食べたいときだけ食べるようにする。
食うか食わないかを食うときに考え、習慣で別腹で必ず食うというのはやめる。
これだけでも血糖値の上げすぎ防止になるだろうよ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。