強ミヤリサンという酪酸菌

便秘してるわけではないがコロコロ状態を改善するため、ビオフェルミンとイヌリンを試している。
イヌリンを飲む量を調節すると便意には多少の影響が出て、多少は効いてる気がしてくる。
が、ビオフェルミンは飲む量を調節してもちっともなんにも変化が現れない。
だのでエサとなるイヌリンは今後も継続しつつ、菌は別の物に変更したいと思ってる。
昨日から、嫁の飲んでる強ミヤリサンという酪酸菌を貰って飲んでみている。
えっと、小腸にいるのは乳酸菌で大腸にいるのはビフィズス菌だったよな。
じゃぁ大便の状態に関わるのはビフィズス菌だよな。
酪酸菌ってどこよ。
iHerbで売ってるプロバイオティクスも乳酸菌とビフィズス菌の組み合わせだ。
どちらでもない酪酸菌って日本人しか飲んでないのかな。
日本人しか飲んでないサプリはほぼ全部、何の効き目もない偽サプリなので非常に怪しい。
一応調べてみたら、小腸ではなく大腸らしいのでまぁ飲んでみるかと。
とりあえず酪酸菌はぬか漬けに含まれる物らしく、食っても安全ではありそう。
そして、善玉菌のほとんどがビフィズス菌ってのは、ぬか漬けを食べてない民族の調査らしい。
あたしはぬか漬けなんて食べたことがないので、あたしの腸内にはいないと思う。
が、ビフィズス菌の働きを助ける性質らしいし、間接的にビフィズス菌を増やす事になるのかしら。
判断基準が便の質のみなので影響が出るかはわからないけど、とりあえずお試し中。
よって、送料調節で10錠だけ買ったお試し価格ラクトビフを試すのはもう少し先になるかなぁ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。