細麺で残念でした

袋タイプの辛ラーメンの麺が好きすぎるが、スープは別に好きでも嫌いでもない。
多くの日本人はラーメンを食べてもスープの味しか判別してないし、スープの好みしか言わない。
きっと辛ラーメンを好きな人は、麺ではなくスープが好きとか辛さが好きとか言うはずだ。
あたしは異端で、スープがどうでも良くて辛ラーメンの麺だけが好きすぎる。
それも袋麺の麺が好きで、カップ麺タイプは3分で作らせる工夫のためか全く別物になってる。
現状、他のどの袋麺でもカップ麺でも代わりにならないオンリーワン状態だ。
好きな麺を別のスープでも食べたいと思うし、他にも似たものがないか常に冒険はしている。
今回、辛ラーメンと同じ農心から出ているコムタンという袋麺を買った。
同じ会社の袋麺なら同じ麺を使ってるかなと期待して、20個セットの箱買いだ。
その辺で売ってないからネットでまとめて買うしかなかった。
食ってみたら味というか食感というか、きっと作りは辛ラーメンの麺と同じだ。
が、決定的に違う点は辛ラーメンの麺より細かったことだ。
細くしただけの同じ麺だなぁと思って食ったし好きだったけど、やっぱり辛ラーメンの麺が好きだ。
これじゃ代わりにはならん。
20個も買っちまったけど、まぁ、マズいわけではなく、好きな麺の細いタイプなだけだ。
自分でも意外だったんだけど、麺ばっかり味わってしまって、今回はスープの記憶が全然ない。
スープが美味しかったかどうか、辛ラーメンと比べてどうだったかを、全く評価できない。
とにかく辛ラーメンは麺が好きで、コムタンはそれの細いタイプで、太い麺の方が好き。
スープは辛ラーメンに満足してないからこそ、こうして別の物を冒険で買ってみるんだろう。

ちょっと前に日清から爆裂辛麺っていう超太麺のラーメンと焼きそばが出てた。
辛さは全然求めてないので爆裂である必要はないんだけど、太麺って所が気になっちゃうわけだ。
その太麺が美味しいかどうか試したくて買って、でも初見は辛すぎてよくわからなかった。
商品名からして辛いものが好きで買うための物なのに、辛さに文句言うやつはいないだろうな。
辛ラーメンが好きなくせに、辛さは不要だって言うやつはいないだろうな。
そんな異端なあたしは、程なく再びその爆裂辛麺にチャレンジした。
スープの粉末を全部使うと辛すぎるので、半分は捨てる事で麺を楽しむことに成功した。
辛さだけでなくおいしさも半分捨てたわけだがな。
そこまでして楽しんだ太麺だが、まぁ、これはこれで好きだけど辛ラーメンほどの中毒性はない。
スープを半分捨てなくても良い程度の辛さだったら、もしかしたらまたリピートしてたかもな。
悪くはなかったんだけど結局スープ分のデメリットでもう買う気がしなくなったね。

ともかくコムタンをあと19個食うまで辛ラーメン禁止な。
あ、でもこれは辛くないから家族にも食って貰おうかな。
辛ラーメンは辛いしあたししか食わないので、一番好きな麺を誰にも紹介できてない。
コムタンは今のところ二番目に好きな麺で、これの太いやつが大好きなんだよって言えるな。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。