ウサギ跳びとスクワット

ダンベルを撤去し、スクワットをジャンプしてやるようになってから、劇的に腿とふくらはぎが成長している。
より負荷を大きくすることに集中しているので、膝を前に出さないということは意識していない。
ジャンプして、思いっきり勢いを付けてしゃがみ込むんだから、負荷が最大になった姿勢はウサギ跳びだ。
ウサギ跳びは関節を痛めるから良くないなどと言われているから、やっていいのか不安になってくる。
でも、まともなスクワットなら安全でウサギ跳びならダメってのも変な話で、違いはどこにあるのか。
あたしがやってるのは安全なのか危険なのか、危険ならどこを直すべきなのかが問題だ。



ウサギ跳びをウィキペディアで調べると、有害な理由がいくつか書いてあるが、ほとんど納得出来ない。
そもそも理由5個の内の2個は、有害な理由ではなく有効ではない理由なので残り3個だが、
まず「不自然だから」ってのは、誰でも訓練なしで今すぐ出来る動きなんだから、
はじめから体に備わった出来る事の範囲に含まれる、全く無理のない運動ということになり、
それでも不自然だと感じるかどうかは主観でしかない。
ロボットダンスは不自然な動きだから体に悪いって言ってるような物で、意味をなさない。
次に、筋肉を硬直させるから柔軟性を下げるなどと、関節の話でもないしウサギ跳びに限った事でもない。
そして最後に残った1個だけ、膝関節に加わる力の方向だけが、唯一気になりはする。
でも、それがスクワットとの違いだとすると、膝を完全に曲げるのが良くないという結論になる。
たしかにスクワットもあまり曲げすぎると膝に良くないと言われるから、あるとすればそれに違いない。
でもそうならそうとズバリ一個書けばいいのに、なんで後付けみたいに理由を足す必要があるのか。
人間は嘘を本当のように思わせたいときにしかこういうことはしない。
だから嘘だとは断言しないが、信憑性のある話とは言えない。
あたしのスクワットでは最大負荷の時点で完全に近いくらい膝が曲がってると思う。
ぴょんぴょん跳ぶだけで筋トレにならない程度の重さでも膝に悪いというなら、
思いっきり振りかぶって着地しメキメキ鍛えられてる負荷だと、膝はもうボロボロかも知れない。
全然痛くないけどね。

スクワットで膝を出すなと言う理由についてもなぜか二分されていて、
一つは膝に負担がかかるからと言う事で、もう一つはトレーニング効率が違うからという事だ。
効率の話だけだとしたら、今やってるやり方が効率よいので、膝を意識せずにやることにする。
でも、前に出すと負担がかかるって話だとすると、あたしのスクワットは大変膝に悪い。
物理的には、重心線上に膝があると負担が軽減できるという説明があった。
いやあ、それって、重心線から離れると筋肉に負担がかかるって事であって、関節じゃないでしょ。
筋肉が耐えられなければ膝に負担が来るってことで、そりゃどんなフォームでも同じだ。
膝を前に出さなくても重量アップすれば膝の負担が増えるって言ってるようなものじゃないのか。
それに、膝を出さない方が筋肉に効くからトレーニングになるという見解とも矛盾する。
これって、誰も本当かどうかわからない事だから上手い説明が見つからないだけじゃないかなぁ。
つまりスクワットで膝を出すなってのは、実は嘘とは言わないまでも曖昧なものなのかなと。
納得は出来ない。

ウサギ跳びは曲げきるのが良くないんだと仮定すると、曲げきるためには膝を前に出す事になり、
スクワットは膝を前に出すなという話は、前に出ちゃうほど曲げるなって事かも知れない。
重心線の話も、曲げきったときにかかる負荷で説明していたので、
曲げきらなければ膝を前に出しても害はないって事だと解釈した。
それならこの話はスッキリする。
しかしあたしの場合は曲げきってウサギ跳びになってるおかげで、膝ではなく筋肉により負荷がかかり、
うまいこと鍛えられてるのが実情で、それでも膝は全然痛くなってないし、
逆にダンベルを持ってフォームを守ってやってたときの方が膝が痛くなったくらいだ。

こうなるとウサギ跳びも本当に膝に悪いのかどうか怪しくなってくる。
ウサギ跳びで怪我人が続出したからやらなくなったのではなく、
誰かがウサギ跳びは危険で非効率だと言ったからやらなくなったわけで、本当かどうかはわからない。
あたしの場合、危険だと言われる方法でやって、より鍛えられてより膝が痛くならないので、
本当かどうかわからない説を信じてやり方を変える理由は全くない。

たぶん、一日中ウサギ跳びのまま生活する風習でもない限り、ウサギ跳びは安全だと思う。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。