アーカイブ

カテゴリー ‘テレビ’ のアーカイブ

Fire TVのUIが刷新された。あたしが最も利用するのはU-NEXTアプリで、プライムビデオの利用頻度は高くない。そのU-NEXTアプリを新UIからは選びにくくなったかな。手間としてはホーム画面の初期カーソル位置から横ボタンを数回押すだけだ。しかし初期カーソル位置にカーソルがあるかどうかが見えにくい。ついつい今までのように、いったん下ボタンを押してカーソル位置を確認してしまう。下を押して上に戻して、それから横移動をしてるから使いづらい…続きを読む

アイヌを「あ犬」と言って差別すると言うことが昔からあったらしい。「カモシカのような脚」って言われると褒め言葉になるからややこしい。おそらくブタやゴキブリに例えられたら、どんな内容でも悪口になるんだと思う。ライオンとかは勇ましさで褒める場合が多く、ゴリラはどっちとも取れるわけだ。じゃぁ犬って言われたらどうかというと、まぁ確かに悪い意味は多いような気がする。国家権力の犬みたいな言い方もあるし、尻尾振ってヨダレ垂らして調教しやすいイメージもあ…続きを読む

鬼滅の刃の韓国版では、竈門炭治郎の耳飾りのデザインが違うらしい。昔から日本のアニメは、その国のタブーにしたがって修正されるくらい良くあることだった。むしろ、タブーを含んでいるのにそれを除外してまで放送したら名作だって証明だ。ドラえもんが児童ポルノだからって放送禁止になるよりは、そのシーンだけカットしたらいいよ。日本で流行したアニメが、耳飾りのデザインだけ変更して放送出来るなら変更した方がいいじゃん。問題になるとすれば、韓国側の要請によっ…続きを読む

炎炎ノ消防隊っていうアニメを、正月に1期と2期とまとめて視聴した。このアニメはかつて、2話か3話ぐらいでつまらなくて見るのをやめた事もある。だってさ、消防だって言ってるのに放水したりする消防じゃなかったんだもん。バトル漫画だったらいくらでもあるんだから、その中ではあまり興味が持てなかった。でも、1期で2クールやって2期も2クールやって、まだまだ続くんだろ。それは面白いからだろ。最初の方に関しては興味を持てなかったが、我慢して見れば面白く…続きを読む

ボクシングって殴り合いじゃん。ちゃんとルールがあってケガしないように注意してやってる風の、結局は殴り合いじゃん。実際はケガしてるし血を流したり失明したり脳に後遺症を出したりしている。現実としてボクシングは危険な、本当は誰一人やるべきでない下品な殴り合いだ。でもスポーツだって言えば格が上がるみたいな風潮がある。最近はeスポーツって、ただのゲームなのにやり過ぎても叱られない良いイメージを得た。モータースポーツだって暴走族の競走を正当化しただ…続きを読む

今年は4Kテレビを買ったが、4K放送はテレビを買って数日間の動作確認に見たのみ。あとはプライムビデオで4K映画のキャッツを途中まで見たが、ほんの序盤だけ動作確認。せっかく4Kのテレビを買ったから、無理にでも4Kコンテンツを楽しもうとしてたかな。しかし今のところ、4Kで見る必要性は感じていない。世のコンテンツの大半が4Kになって見慣れた時こそ、2Kに戻れないって言い出すはず。って、その2Kって表現はフルハイビジョンの1920×1080の事…続きを読む

M-1の敗者復活を録画で見たら、インディアンスが同じネタやってて驚いた。勝ち負けが付くものだから、自信のあるネタを複数回やるのは仕方がないのかな。でも「国民最高」の国民は、別のネタも見たいと思ったから投票したんじゃないのか。インディアンスが決勝で同じネタをやると知ってても、国民は投票したんだろうか。夕方に見たネタを夜にもう一回見たくて投票したわけじゃないだろ。決勝で2本やるつもりなら3番目のネタを敗者復活でやって欲しいわな。ネタ温存して…続きを読む

あたしは今年、M-1の敗者復活を見ていない。録画はしてある。敗者復活から見続けると、笑い飽きて決勝を楽しみきれないしな。だけど今年の本戦出場者は、例年の敗者復活でよく見る連中だなと感じた。そういえば決勝常連が今年は決勝に出てないって感じだし。そんな敗者復活っぽいメンバーと言うことは、つまりあたしにとっては楽しいわけだ。例年は敗者復活でゲラゲラ笑い、決勝で飽きてくると言うことがよくあるもんな。その、いつもゲラゲラ笑うようなメンバーを決勝戦…続きを読む

毎年、女芸人のWがつまらないと思ってて、途中まで見て眠くて寝ている。毎年つまらないので今年は別に見る気もなかったが、ホントにたまたま見ちゃった。地上波のバラエティ番組にチャンネルを合わせることすらほとんどない。だが年末だから、特番で面白い物をやってるかも知れないと思って番組表ボタンを押した。W以外のネタをやる番組は大好きで、年末年始でいっぱいやるだろうと期待している。その、たまたま番組開始の10分前くらいに番組表を見て、あ、今日これかと…続きを読む

アニメの秘密結社鷹の爪をBS11で見ると日清食品のCMが入る。このCM自体が結構面白くて、本編だけじゃなくCMも楽しみにしている。コンビニで見かける「カレーメシ」がリゾット的な物じゃない事をCMで初めて知った。買ってみたいと思った。つまりCMも成功している。そのアニメはU-NEXTでも配信されている。が、きっとと言うか当然というか、日清食品のCMは挿入されてないだろうな。あたしは早寝早起きしたいので、深夜のアニメを録画して翌日見ている。…続きを読む

ハイセンスのテレビはやはり「映画」に設定すると、あたしにはちょうど良かった。最初は「自動」で赤がギラつくと感じ、ググった情報で「映画」にしたら改善した。しかし「スタンダード」との差が分からなくて、今度はしばらく「スタンダード」にした。そのしばらく続けた感想としては、やっぱり赤が強いと思えてきた。と言うことで「自動」や「スタンダード」より「映画」が良さそうだ。あくまで好みの問題だが。3年間パナソニックの2Kテレビに慣れた目で、ハイセンス4…続きを読む

自室ではベッドに座るか転がるかの姿勢でテレビを見ている。以前は同じ場所に23インチのテレビを置き、ベッドの前の床に降りて見てた。それを43インチに買い換えたら、自然とベッドに座ってみるようになった。テレビが小さいと近づきたくなるし、大きくしたら適正に離れたくなっちゃうっぽい。そしてこれを今度は50インチに買い換えた。そしたらさすがに、テレビ台をもっと低くしたくなった。23インチの頃から、なんせ地べたで見てたから低めの台に上げてちょうど良…続きを読む

待望のGoogle TVいわゆるコードネーム「サブリナ」が日本でも発表された。本体7600円に有線LAN2500円で、まぁ、Fire TVの4K版と似たようなもんだな。Fire TVの4K非対応版は2020年版が登場したから、4K対応版もまもなく発表されるかも。Apple TVの4Kは全然対抗する気がない価格設定だし、2020年版は発表されなかった。本当はこれらのデバイスに最も関心があった。しかしリリースが待てずに、BDレコーダーやテレ…続きを読む

ハイセンスのテレビがパナソニックと比べて赤が派手すぎると感じてしまった。あたしは映像制作者の意図もテレビ制作者の意図も尊重し、自分で画質調整したくない。自分ではちょうど良いつもりで、他人から見たら極端な調整になっちゃうのが嫌だ。だからこういう物は常に「自動」とか「オート」とかを選ぶように心がけている。ひょっとしたら今回も無意識で、「スタンダード」を「自動」に変更しちゃったかも。初期状態が「自動」だったか「スタンダード」だったか忘れてしま…続きを読む

自室のテレビを2Kから4Kに買い換えた。居間には既に4K対応テレビがあるのだがRGBW方式で実質3Kだと揶揄されたやつだ。全てのRGBWがそうなのではなく、3サブピクセルで1画素に数えてるやつだけが実質3Kだ。居間はその4Kチューナーが付いていない実質3Kのテレビで2K番組を見ているわけだ。その状態で、自室の2Kテレビと比べて、イマイチ差を感じてなかった。さて今度は自室がRGBW方式じゃない4Kテレビになったわけだが、それでも差は感じな…続きを読む