互換性なさすぎる他人のトレ

ここしばらくマッスルグリルの肩トレを真似しようとしてたが、あたしには無理っぽい。
まぁ、もう少しやってみるかも知れないがちょっとちょっと全然ダメっぽいかもだな。
近頃の薊流は、回内か回外かで鍛えられる場所が違うってのを方々で言っている。
その中で、逆手で引けばリアに入るってのが、ちょっとあたしには再現できていない。
アクトレブログのコラボではリアに非常に効いたっぽい動画を出している。
マッスルグリルの方では、スイングして下で止めて耐えることでリアに入ってるっぽい。
それを真似しようとしてるんだが、リアに全く効いてる気がしなくて、それより僧帽がやられてる。
薊流じゃなくても肩トレは、僧帽の関与を減らせば上手で、僧坊に入ってると下手って事になる。
あたしは普通のリアレイズが下手でチューブを使ってるが、薊流も下手で全くマネできてない。
僧帽だけメリメリ筋肉痛になっちゃった。
とにかく「逆手で引けばリア」を体感したくて様々やってみて、どうやってもリアには入らない。
続いてアップライトローで反動を付けるやつは、一応サイドに効いてるけど僧帽にも効いてる。
これも僧帽に効かないようにマネすることが出来ず、これはサイドにも効いてるけど下手。
「サイドにも」なので何回もやるとサイドじゃなくて別のどこかの限界で終了となる。
リアもサイドも、薊流をマネしたら僧帽ばっかり筋肉痛って事で、あと手首も痛くてケガ寸前だ。
薊流じゃない普通のやり方も出来なくて困ってるから、普通じゃないやり方を試してみたわけだ。
とりあえず普通のやり方が出来る人じゃないと難しいんだろうな。

たまにユーチューバーの筋トレをマネするのは危険だって主張してる人を見かける。
ユーチューバーがみんなステロイドユーザーだから信じちゃダメだよって根拠らしい。
今回の件であたしは、確かにユーチューバーのマネは危険だとは思ったよ。
でもそれはステロイドがどうのこうのじゃない。
そもそもYouTubeで筋トレ系の配信をしようって思いつく人は、元々バケモノばっかりって事だ。
薬を使わなくても優れた身体能力があって、それを動画コンテンツにしてる連中ばっかりだ。
並の運動性能で並のことをやるYouTubeなんて誰が見るんだよ。
配信してる奴等は生まれつき持ってるものが違うから、特にポンコツ人間はマネしたら危ない。
人間と人間なのに互換性はない。
そういう事で納得した。

そしたらむしろ、ユーチューバーってステロイドやってなさそうだよな。
元々優れてる特別な奴等だから、普通に筋トレしててもステロイド以上に筋肉がついている。
一般の人はステロイドを使ってもユーチューバーに追いつけない。
むしろあたしと同様、弱い人ほどステロイドを使ってるんじゃなかろうか。
強く生まれた人ほど、強さにプライドがあるので、そのプライドのためステロイドは使わないはず。
強く生まれたプライドを捨ててさらにステロイドを使う人は、YouTubeを主戦場にしていない。
弱い人ほど強い人にステロイド疑惑をかけるが、ヒガミが生み出した根も葉もないことだろう。
頑張ってもなかなか筋肉はつかないので、筋肉付く人はステロイドだと思いたくなってしまう。
いやいや、あいつらは筋肉でYouTubeやって儲かるって考えるほど、元々バケモノなんだよ。
あの辺にはユーザーはいないわ。

それよりYouTubeよりサプリで儲けようとしてる人が、サプリの広告のためにステロイド使ってる。
ステロイドで作った体なのにサプリで作ったかのように宣伝している。
そっちはガチなんで、騙されてEAAとか高額独自ブレンドサプリを買っちゃダメ。
騙されてアンガールズ山根が毎回がんばって変な色のドリンク飲んで、全然効果なしと証明してる。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。