アルプも再チャレンジ



ワサコレの極ガチャ券からGCSアルプを再取得した。
今はSPSフィンホガソンよりマシなCFを探してるので、もう一度試してみたい。
以前、GCSとBLSで染めて使ってみたが、染めがチーム力を落として全然ダメだった。
今もGCSとBLSの精鋭を集めて組んでみたが、まだあちこち駒は足りない感じだ。
特にCBの組織的守勢を発動するために、MFで守勢持ちのGCSを獲得しないと成立しない。
そもそもBLSが配信されなくなった今、それを条件に入れてるアルプはもう時代遅れだ。
ただ、染めのブリッツを発動できなくても、銀サラマンドラと金超新星がある。
フィンホガソンにないデュエルと、スキルに頼らないゴラッソに期待できる。
どうせ染めないなら金と赤のサラマンドラを持つSPSアルプの方が強いかも知れないが。
そういや、どっちも完凸して試してアイスランド未満と言う結論で放出してるんだな。
今はその頼りにしてたアイスランドが連携を失ったので、また出番かなと思ってる。
しかし問題は、組織的守勢持ちコスト28トナーリのせいで超新星が発動しないことだ。
トナーリの代わりに未極NDSカソルラを入れると、極眼持ち☆5カソルラが外れる。
MFにコスト30以上の眼持ちを置こうとしたら、もうリベリーぐらいしかいないんだわ。
低コスト選手ばかり育ててるから、アルプの超新星すら発動に苦心する状態だ。
結局、乗りかかった船なのでアイツもコイツもと、限凸したり餌食わせたりした。
カソルラだけ未極だが、結構しっかりした編成になったよ。

リベリーを使うと言うことはコスト制限を33から40に上げると言うことだ。
だったらもう一人の眼持ちであるヌリシャヒンも入れられる。
もう一人の組織的攻守持ちでもあるヘススナバスも入れられる。
たぶん組織は、途中交代で人数が減ったら消えちゃうと思ってるのね。
だから3人じゃなく4人入れるのは保険みたいな物。
でもカソルラとヘススナバスはともに攻守持ちなので、攻勢ももう一人入れたくなる。
うちの場合だとTOPドンナルンマが活かせそうだなと思った。
せっかく制限コストを40まで上げたら、CFも40ぐらいじゃないともったいない気がする。
それをたかがコスト30のアルプや、もっと低いドンナルンマで使うのもどうなのかなと。

とりあえずこの編成でフレマしてみたら、まぁまぁ戦えそうな感じだ。
たしかにアイスランド時代と比べたら全然物足りない。
しかし初代の活かせなかったアルプと比べたら、これでも十分な活躍だろう。
銀サラマンドラは今じゃあまり強くないが、ないよりはマシぐらいで戦える。
パススキルで飛び出すことが多いけど、オフサイドもいっぱい取られちゃう。
まぁ、フィンホガソン編成とどっちが良いかは微妙って感じだな。
微妙でも飽きた方より飽きてない方が良い。
で、今日からこれがスタメンだ。

育てる選手がいなくてつまらなかったが、とりあえず当面やることは出来たって感じ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。