アーカイブ

カテゴリー ‘食べ物’ のアーカイブ

あたしは長らく、シンサ6っていう米国のプロテインをリピっていた。 それを注文していたサイトが消滅し、英国のマイプロテインに乗り換えた。 日本で買うより米国で買う方が安く、米国で買うより英国で買う方が安い。 そりゃ英国の方が流行るし、だから米国から輸入するサイトが減ったのかもな。 あたしが買っているのは、消化スピードが速いホエイプロテインではない。 あえて、消化スピードの遅い混合プロテインを朝だけ飲んでいる。 シンサ6に似た成分でマイプロ…続きを読む

あたしは今のところ、毎朝のプロテインを英国から仕入れている。 以前は米国から仕入れていたが、ずっと利用していたショップがなくなった。 そこ以外のショップだと、シンサ6の袋入りを扱っていなかったり送料が高かったりする。 そうなると5ポンドのプラスチックのボトルに入ったやつを買わなければいけない。 ゴミが大きいのが嫌い。 と言うことで英国から買うと、プロテインがどれも袋入りなんだよ。 別に大量購入しなくても、米国の5ポンドに近い2.5㎏入り…続きを読む

低温調理のための機械とか容器とかを揃えたが、イマイチ満足出来ていない。 何をやっても普通に焼いた方が好きで、買ってしまった機材に複雑な気分を抱く。 ただし肉の事しか考えてないので、肉以外の利用方法は知らないよ。 肉に関しては、65℃未満で調理する事で肉汁が染み出さないギリギリをキープする。 あたしは好奇心で、肉汁を逃がさなければ何が違うのか、知りたくて仕方なかった。 そして低温調理して好奇心を満たした結果、そんなに好きでもなかった。 機…続きを読む

Amazonで注文した低温調理のための機材が到着したので、さっそく使って見た。 結論から言うと、期待が大きすぎてそこまで感動する物じゃなかったみたい。 しかしこれは一回目の調理で、しかもわざと、あたしでも出来る程度に雑にこなした。 最初から丁寧にベストを尽くし、今後もそのベストを維持するってのは難しい。 まずはなるべく手を抜いて、次回以降にもっとこうしようと欲を出していきたい。 あたしは今回、豚と牛を同時に同じ浴槽で調理してみた。 豚だ…続きを読む

あたしが肉汁の事で思い悩んでしまったキッカケは、ガッテン流の焼肉だ。 奴らによると、肉を45℃以上に加熱することで、固いタンパク質が壊れて柔らかくなる。 そして更に加熱すると、それが何℃だかわからないが、肉汁の袋が破れて逃げてしまう。 定番となっている片面じっくり裏面さっと焼きは、片面じっくりの時点で肉汁を逃がす。 だからガッテンは今までの焼き方をやめて、別の焼き方を提案している。 片面を焼きすぎないうちにひっくり返し、裏も焼きすぎない…続きを読む

あたしは肉汁がどんな味かもわからないくせに、想像で美味いと思い込んでいた。 自分で食べて比べたわけでもないくせに、肉汁を逃がさない調理法が良いと思ってた。 こうやって焼いたら肉汁が逃げる!とか言って、正しい焼き方にこだわったりしてた。 その正しいと思ってた焼き方でも肉汁が逃げるとテレビで紹介され、初めて疑問を持った。 それまでの焼き方もテレビの言ったことを疑いもなく信じ、自分の舌で確かめてなかった。 その時反省したので、あたし自身の肉汁…続きを読む

以前これは自分で書いてるかと思って検索したが出てこなかった。 探し方が悪いのかも知れないが、気にせず書く。 弘前の少し贅沢な老舗で、土用の丑の日には店の前の駐車場に出て蒲焼きをやる所がある。 ウナギ本体の蒲焼きの他、キモ焼きも売ってるんだけどどっちも高い。 でも人間って、値段が高い方が美味しく感じる機能があるじゃない。 はたして本当に安物とは違うのか、それとも気分の問題なのか、自分の舌で考えた。 当時のあたしの感想は、高いウナギは品種が…続きを読む

今夜、あたしは行ったことがない焼き肉屋に会合で行く予定がある。 そのせいで、今日は肉のことが気になって仕方が無い。 あたしを迷わせているのは、先日ガッテンで紹介した肉の焼き方だ。 家の焼き方と店の焼き方の二種類の話をした。 その、店の焼き方をどうやればいいかはわかったが、理由とか仕組みにかなり疑問がある。 まず、昔から浸透している一回しかひっくり返すなと言う焼き方が間違いなんだと。 肉をひっくり返す度に肉汁が失われるから、ひっくり返すの…続きを読む

近頃はコンビニにも花椒味のシビカラ製品がいろいろ並んでいる。 「ホワジャオ」ってタイピングして「花椒」に変換出来るほどに普及した。 それらの製品は、さすがに花椒を売りにしてるだけあり、結構な辛さなんだよ。 花椒が入ってない料理にかけてそれを実現するには、結構たくさん入れる事になる。 さて、うちの場合は粉末の花椒じゃ美味しくなくて、ペッパーミルを使っている。 粗さが調節できるんだけど、粗挽きが好きな人はあまり問題が無いかも知れない。 少し…続きを読む

長男がカップヌードルを食べてたので少し貰ったら、麺が美味しくて驚いた。 あたしはどうしても、いろんなカップ麺がある中から珍しいやつを選んでしまう。 いまさら、なかなか普通のカップヌードルを食べることはない。 でも、たまに謎肉たっぷりのやつとか、オリンピック記念とかは食べたりする。 その時はそこまで麺が美味しいと思わなかったが、今、美味しいと思う理由がある。 Amazonでダース買いしたカップヌードルナイスを消費している途中だからだ。 昔…続きを読む

週末に仙台に行く予定がある。 あたしにとって仙台は東京と同じで、何でもあるから逆に個性のない場所だ。 旅行では何を食べるかが楽しみだが、仙台はあまり魅力が無く牛タンぐらいだろうな。 いや、牛タンすら別に仙台で食べなくてもいいやってくらい。 そして牛タンもどの店に入っても全部同じような気がしてるんだよ。 いままでたぶん何軒も仙台の牛タンの店で食ってるけど、どれがどれだかわからない。 何が違うのかわからない。 だから仙台は微妙なんだけど、せ…続きを読む

ホワジャオでカップ麺を辛くするために、まだまだ戦っている。 かつて、よくわからなかった頃に買ったのは粉末タイプのホワジャオ。 広島で汁なし担々麺を食べて本物を知り、自分でミルして挽き立てにシフトした。 ところがそのミルの作業が非常につらい。 カップ麺の出来上がるまでの3分間を全力で、手首がおかしくなるほど挽きまくる。 それでもちょっと辛さが足りないことがあるんだわ。 楽して短時間にいっぱい挽きたい。 そこで、安く売ってる電動ミルを試しに…続きを読む

テレビとかでラーメンのレポートする時に、最初にスープ飲んじゃうのがもったいない。 あたしはラーメンを味わう時、まずは麺にスープが絡んでくるのを味わう。 先にスープを口に入れてしまった場合、口の中がスープの味を覚えてしまうんだよ。 これはまるでサスペンスでネタバレを先にしてしまうような物だ。 だからもったいないと。 少しだけ絡んでくるスープで麺を味わうからこそ、絡み具合を堪能出来るのだ。 これがあたしは、まだ舌がスープの味に慣れる前じゃな…続きを読む

広島で、汁なし担々麺をスキヤキのように生卵に付けて食うことを知った。 麺に卵をかけてて混ぜちゃうんじゃなく、あくまで麺を卵に付けて食う。 後に家でカップの汁なし担々麺でやったけど、まずそれを気に入ったのね。 そしたら別に汁なし担々麺に限らず、カップ焼きそばもそれでからめて食うのがうまい。 のみならず、カップ麺も卵にからめて食うのがうまい。 これまでのあたしのフェイバリットは、カップ麺に卵入れちゃう月見スタイルだった。 卵は乳化剤であり、…続きを読む

先日の広島旅行で汁なし担々麺を食べてから、またホワジャオの魅力にはまった。 以前、Amazonから粉末タイプを買ったけど、しばらく買っていなかった。 そのAmazonのレビュー欄を見ても、ミルしないと美味しくないという意見が多数あった。 だから粉末タイプはダメだってわかった上で、あえてお試し感覚で買ったんだよ。 初めて買うホワジャオではじめから本格的にミルしようとは思わなかったからね。 その、ミルしなくていい、本格的でない、お試しのホワ…続きを読む