少し弱いストロング

家で少しアルコールを飲み始めて、まずストロングゼロの類に手を出した。
9%の350mlじゃ1缶で満足できず、500mlならちょうど良いかなと感じた。
そしてネットの通販で12%の物を見つけて、それの350mlなら1缶で満足できた。
何種類かあるんだけど、続々と取り扱い終了していき、入手が困難になった。
販売店が入荷してるかどうかじゃなく、メーカーが生産してないっぽい。
あたしの個人的なアルコール需要としては、12%の350mlは実にちょうど良い。
しかしおそらく世間が求めているのが9%の方って事なんだろう。
あたしは酒好きではなく、おいしいと思わないからジュースで酔いたい。
特に炭酸ジュースで酔うのが好きだ。
炭酸ジュースで酔えるのなら、12%どころかもう少し強くても良い。
物足りなくない感じないのが12%なだけで、売ってたらもっと強いのを選ぶ。
が、これ以上と言ったらもう日本酒の度数になるわけで、炭酸ジュースの領域じゃない。
グビグビ飲めない、いわゆる酒として、酒好きが酒を楽しむ度数だ。
安くて酔える炭酸ジュースとしては、12%は入手しにくいので9%で慣れたい。
しょうがない。
10%以上は酒税率が変わるらしく、メーカーとしても9%で売りたいようだ。
そのちょうど売りたい度数が売れる度数だって言う奇跡もあり、しょうがない。
少し足りないなぁ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。