四角いタイヤで走るような歌声

アニメの声優にアニメの主題歌を歌わす事ってよくあるじゃん。
その際、歌ってる人は声優名じゃなくアニメの役名だったりするよね。
例えばキャプテン翼で、声優が翼や小次郎を演じながら歌うってのもある。
ドラえもんの絵描き歌を大山のぶ代が歌うとかは昔からあったしさ。
別に、声優に歌うなとまでは言わないし、下手でも大目に見たら良いと思うよ。
だが、某最新アニメのオープニングがひどすぎて許容範囲にない。
それを、歌ってる声優が下手なんだと思って、生暖かい目で見てたんだ。
でも毎週見てたので、毎週聴いてて、さすがにこれは気がついたわ。
歌ってる人が下手なんじゃなく、作った人が下手なんだ。
これじゃ誰が歌ってもこの楽曲は上手にならないんだ。
音楽性を無視して、メロに日本語を無理にはめてグッチャグッチャにしちゃったんだ。
声優は悪くない、作った奴が悪い、って思ってたら作詞もその声優だった。
よくこの完成度でテレビに流せたな。
声優は歌うなとまでは言わないんだけど、声優は作らない方がいいと思うわ。
あたしは耳がアレなんで、歌詞が意味を持たないただの音として聞こえてくるのよ。
もしかしたら歌詞の意味が素晴らしいのかも知れないが、あたしには音しか聞こえない。
だから歌詞が良かったら申し訳ないが、個人の感想ですが最悪の気持ち悪い楽曲だ。



ガッコンガッコン揺れながら走る軽トラックみたいな歌い方やめろ。
せめて一定速度で気持ちよく走ってくれないと、聴いてて乗り物酔いしちゃうよ。
あ、歌い方じゃなくて歌詞なんだっけ。
音をイメージして言葉を選べ。

あたしは普段、歌詞が聞こえないから歌詞で勝負してるアーティストはバカにしてる。
音楽で勝負せぇと思ってる。
が、あらためてこうしてこれを聴かされたら、まだマシだったんだなと再評価した。
マシというかむしろ、歌詞で勝負してる人もちゃんと音楽にしてるんだと尊敬した。
音楽にならないような歌詞を無理矢理のっけてるわけじゃないんだ。
当たり前のことなんだけど、素人だとそのラインまで行くのが難しいって事だな。
音楽の方をプロが作ってあげても、歌詞と演者がプロじゃないとこうなることもある。
遠慮しないでここは変えましょうって言えよな。

と言う事で、これは書いておきたいと数週前から思ってた。
それを急に書く気になったのは、プロのまっとうな楽曲を聴いて心地よかったからだ。
さすがここ何週だか連続一位のプリテンダーってのは、意味じゃなく音がいい歌詞だ。
ホントに意味は全然聞こえない体質なので、音だけ聞いてて気持ちいい。
「あいあいあいあい」言って「のさー」がすごくいい。
ひどい例と比べたら初めて、プロのやってる仕事を評価出来た。
プリテンダーさん素晴らしい、さすが売れてるだけあるなと。
興味なかったから昨日はじめて見たぐらいだけどな。

ほぼ日本人は楽曲のドラマ部分を聴いて音楽部分は聴いていない。
だから作れと言われれば素人でもドラマは作れるが音楽は作れない。
んであたしはそのドラマの方を聴いてないので、某アニメのオープニングで苦痛を感じる。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。