スロトレ

1618 letters | 957 views | コメントする

ガキの使いで1メートルをより遅く走った方が勝ちというゲームをやってて、見て爆笑した。
松本さんが「ゆっくりな運動ほどしんどいとガッテンでやってた」などという発言をしていた。
あたしはガッテンが結構好きなのだが、その放送回を見てなかったので、WEBで内容を確認してみた。
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q4/20081029.html
血行不良から成長ホルモンまでの流れが、加圧トレーニングの理論と思いっきりカブっている。
結局、ゆっくりの筋トレをやれば加圧の必要はないって事だろうな。



そんなもんはずいぶん昔に知らずにやってたので、きついことを知っていていまさらやる気は起きないな。
体を鍛えていた頃に良くやってたのは「拳立て」だ。
空手をやってたから、拳を鍛えろと言うことで、通常の腕立ての手のひらを拳に変えた物。
これで数センチ高くなるので、そのぶん数センチ深い腕立てが出来るが、その効果は微妙。
単に拳の皮を厚くする程度の違いしかなかったかも知れない。
ともかく、その頃は機材を使わないで自分の重みだけで体を鍛えていたわけで、
自分の重みだけでよりきついトレーニングをするために、腕立てや腹筋をゆっくりやるくらいは当たり前だった。
ゆっくりやるどころか、一番つらい姿勢のところで一時停止したりとかも普通だったよ。
すなわちスロトレは、かつて普通の筋トレだと思ってやってたことがそのまんまであり、
今さら昔のようにきつい思いをするほどの気力はないし、イマイチ興味が沸かない。
昔ほど体を鍛えるつもりはないので、昔より楽に、ちょっとだけ鍛えられればそれで良い。

しかしその、かつて知らずにやってたスロトレで十分に筋肉痛になっていたはずなんだがな。
その点から考えると、スローに運動することによる血行不良なんて、加圧の血行不良には及ばないはず。
あたしはもっともっと、メチャクチャ楽して足腰の衰えと戦いたいのであって、
しんどくても時間がかかっても良いなら、既に何か普通のトレーニングでもしてるわ。
そういうことで、縛って日常生活するだけでも効果があるらしい加圧の方が魅力を感じちゃう。
ただ、加圧トレーニングでは手足しか出来ないので、腹筋をスロトレするってのはアリかもね。

1ヶ月チャレンジって所で、「これを毎日続けました」で筋肉増えてるじゃん。
やっぱり、加圧トレは筋肉破壊が少ないから回復期間も要らないんじゃないかな。
スロトレ以上に、実際の筋肉破壊と乳酸蓄積のギャップが大きく、毎日やっていいように思える。

現在、筋肉痛と言うほどではないが、モモの裏あたりが張っている。
この部分は鍛えたつもりもなかったが、慣れないスクワットで力が入ったのかな。
他にも全身、程度の差はあれど、筋肉がちゃんとトレーニングした次の日っぽい感覚になっている。
シーソーステッパーでは全然運動した感じがなかったが、スクワットに変えた事による効果か。
それとも、連休中にヒマで何度も加圧しすぎて、疲れがたまってしまったかな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。