検索結果

キーワード: ‘ラーメン’

本当は袋入りの辛ラーメンが好きなんだけど、量が多すぎる事が最大のネック。 それで最近は、量が少ないカップ版の辛ラーメンで妥協している。 残念ながら、スープはいいとしても麺がカップ用の3分にあわせた別物だ。 本当は袋の辛ラーメンを煮込んだ感じが食べたいけれど、まぁしょうが無い。 人間の味覚なんて慣れで変っていく物で、慣れでは解消出来ない量の問題が優先だ。 いやそもそも、量を意識するなら辛ラーメンでさえなければ全て解消する。 辛ラーメンだけ…続きを読む

以前にも増してインスタント麺が好きすぎるようになってしまった。 コンビニで新商品が並んでたらすぐ食べてみるけど、それより慣れた商品がうまい。 現時点では、カップの辛ラーメンを毎回ダースで買ってすごい消費量だ。 これだけ食っても、食えば食うほどハマっていく。 食い慣れたものほどおいしく感じてしまい、いつでも同じ味が一番おいしい。 それにしたって、これほどまでにインスタント麺がおいしいのもかつてなかった。 ほかにもどん兵衛やUFOもよく食う…続きを読む

 名古屋に旅行に行って以来、通販で味噌煮込みうどんをストックして夜食に食べたりしてたんだけど、あれって高いんだよ。もちろん現地で食べると観光客向けでもっと高いが、通販で買っても結構高い。味噌煮込みうどんという名前で売ってるインスタント食品は安いんだけど、あの煮込まないで食う煮込みうどんの麺だと高い。その高い味噌煮込みうどんを買ってたショップで、以前は2セット買うと送料無料っていう仕組みがあったからまだギリギリ価格に納得していたが、あると…続きを読む

1458 letters | 1784 views | コメントする

 なんだかんだ言って毎週行くようになってしまった八助で、津軽じょっぱりラーメンという多店舗企画をやっていた。ロッカ酒造が絡んでいるらしく、参加ラーメン店は酒粕を使ったラーメンを期間限定、数量限定で出すんだそうだ。その中に八助の他によくいく香園も掲載されていて、とりあえずこの2店でその企画物のラーメンを食べてきた。  香園のやつは酒粕を使った味噌ラーメンで、あたしはその限定のやつを食べて、子供が普通の味噌ラーメンを食べたので比べることが出…続きを読む

2043 letters | 1070 views | コメントする

 家の本棚から古いラーメン本が出てきて、ついてるクーポンの期限を見たら2002年だった。10年も前だからなくなってるところもあるし道路も変わってたりする。この本が発掘されたことをキッカケに、新しいラーメン本が欲しくなり、Amazonでテキトーに買ってみた。 家で発掘したやつとは全然関係ないけど、とりあえず青森県って書いてるやつ。  弘前が激戦区だって書いてあって、確かに弘前は最近増えたなぁって気はする。特にこの本に載ってる新しい店の中で…続きを読む

2968 letters | 3206 views | コメントする

 ラーメンなんてどこで食っても美味しくて当り前、ラーメンが美味しかったからって特筆することではない。もうラーメンはどうやったらうまいのかって言うセオリーが確立されていて、もしくはどんなラーメンならうまいのかっていう概念が固まってて、そういう感じに作っちゃえば良いような安易なジャンルになってきたと感じる。初めて行くラーメン屋で初めてのラーメンを食うにあたり、どんな麺かな、どんなスープかな、チャーシューはうまいかなって言う想像を巡らすわけだ…続きを読む

1359 letters | 1043 views | コメントする

タカハシ信者で長期スパイ(アルバイト)経験もあるあたしにとって、 昨今のタカハシ人気は過剰すぎてあまり歓迎すべき事ではない。 長年タカハシはごくごく一部の人間が熱狂的にハマって抜けられなくなってリピートする店だったわけで、 裏を返せば、それ以外の普通の人にとってはマズくて完食できない店として危険視もされてきた。 それが今やネットのクチコミだかなんだか知らないが、弘前にはそういう個性的な店があるということで、 自分がハマるタイプか受け付け…続きを読む

新しくできたラーメン屋のスープがタカハシ似だった。 タカハシとは、かつてあたしがバイトとして潜入していた飲食店のことだ。 世間的にはラーメン屋に分類されるが、オヤジはその麺料理をラーメンと呼ばれることを嫌った。 確かにタカハシはラーメンとは別の料理であり、スープも麺もタカハシにしかない独自料理だった。 自称ラーメンファンに限って、ラーメンのものさしでタカハシを評価するわけで、そりゃオヤジも嫌がるさ。 ラーメンなら多少違っても別の店で食べ…続きを読む

ネットで見てどうしても食べたい店があったので、再び五所川原のエルムに行ってきた。 そのどうしてもは、「らーめん誠や」ってところ。 醤油ラーメンが黒いという特徴を、塩ラーメンが白さで引き立たせてるところが格好いい。 醤油を食うか塩を食うかではなく、黒を食う白を食うかって思ったら、どっちも食いたくてたまらなくなった。 夫婦と子供で行って、白と黒と両方を太麺の味玉入りで、さらにライス一つつけて注文した。 食券販売機のところに、オススメは黒なら…続きを読む

五所川原にはでっかいヨーカドーがあり、ラーメン屋のテナントが数件入っている。 ただそれだけのことだと思うんだが。 一応、津軽ラーメン街道などと大袈裟な名前をつけている。 五所川原自体あまり行かないのだが、行けばそのでっかいヨーカドーことエルムで、 ペラペラに薄いピザが食べれるレストランがあるので、ついついそっちに行きがちで、 ラーメン街道には行ったことがなかったのだが、先日、遂に初めて行った。 大阪の餃子スタジアムと同じくナムコ傘下だと…続きを読む

2087 letters | 1440 views | コメントする

弘前のラーメンがまずいという話は以前書いたとおりだが、あえて繰り返しておく。 地元のラーメンしか食べたことのなかった若い頃はラーメン嫌いで、 よそのラーメン食べるようになってから美味しくて毎日でもラーメン食べたくなっている。 去年、大館でも最高にまずいラーメンを出され、半分残したのだが、やはり麺は弘前製だった。 昨日、青森市に行ってラーメンを食べたが、青森も全く同じまずいラーメンの文化があった。 二口ぐらいでもう満腹になるほどまずかった…続きを読む

このことについては、話題を大事にとっておきすぎて腐りかけてきてるって感じ。 腐るっていうか、どこかの時点で書いておかないから書く気が失せてるというか。 ともかくね、あたしゃだいぶ前にラーメンが嫌いだったよと。 で、この話をするにはカレー王子としての前振りもセットになるんだよね。 まずは前振りの方だ。 世の中のカレー好きには、カレー王子とカレー馬鹿の二種類が存在する。 どんなカレーでも美味しくいただく関根勤タイプはカレー馬鹿であり、真のカ…続きを読む

青森県は男女とも最も平均寿命が短いと言うことになっている。 脱短命県などというフレーズを使って、いろいろやろうとしている。 小学校の参観日を見に行ったら、AとBの味噌汁を飲み比べろとかいうのをやってた。 その後、給食でラーメンのスープをみんな残すようになったらしい。 あたしはその、脱短命県という方向性に共感出来ない。 自分自身が生きたいと思ったことがなく、死にたくないと思えた日はまだない。 誰もが、たとえ苦しくとも一日でも長く生きたいの…続きを読む

辛ラーメンの箱買いをリピートして、しょっちゅう食べるようになってしまったが、 味やら何やらは全てそれでいいけれど、やはり1食分の量が気に入らない。 日本の袋麺は80グラムだけど辛ラーメンは120グラムなので、かなりのボリュームだ。 たぶんその差は、用途の違い、ユーザーの求めるものの違いだと思うんだ。 例えば複数人で食べる鍋に辛ラーメンをぶっ込むとか、 同じ一人用の一食分でも、軽く一食ではなくがっつり一食の時しか食べないとか。 もしくは、…続きを読む

うちの長男が四年生なんだけど、一年生から日曜日に書道やってて、 その書道教室が嫁の実家なので、嫁と子供達が日曜日はセットでいないんだわ。 だからあたしは日曜日の昼だけ自由に外食してよろしいと言うことになってて、 いろんな店に行くつもりだったけど毎週同じラーメン屋に行くようになった。 長男が四年生だからあたしもその店の四年生だわ。 結局、初めての店で味わえる感動は最高でも「なかなか気に入った」止まりなんだわ。 むしろ馴染みの店の感動は「や…続きを読む