伸びない種目にドロップセット

パワーブロック類似品をブルガリアンスクワット、アーノルドプレス、ベントローで使っている。
自重種目がメインで、自重では出来ない事のために補助でウェイトを使うつもりだった。
アーノルドプレスは上に押す動作なので、自重だと逆立ち腕立て伏せだから出来そうもない。
一時期は三点倒立から練習してたが、あきらめてウェイトを使い始めたわけだ。
よって、うちのパワーブロックは元々アーノルドプレスのためにある。
ところが買ったときから全然、使用重量が伸びていない。
プレート1枚の8.5㎏は軽すぎて効かず、2枚の13㎏は重すぎて効かず、手応えが非常に悪い。
まずウェイトを使う筋トレ自体が苦手すぎて、サイドレイズもゴムチューブじゃないと出来ない。
運動神経から残念だからあきらめていて、上達しなくてももう全然気にしてなかった。
1枚で軽くてスカスカ、2枚で重くて途中までしか上がらない、1枚にしたり2枚にしたり繰り返し。
どっちでやっても何の進展もなしだけど、別に進展しようという気持ちもなくなっていた。
現状維持みたいな筋トレでいいから、とにかくずっと続けたいって事しか考えてなかった。
ところが、我流種目の「座っちゃうベントロー」は使用重量を上げることが出来た。
そうなるとアーノルドプレスも何かしら工夫して伸ばしたくなってしまった。
ベントローはパワーブロックの特性を活かして、ドロップセットを行っている。
それが伸びた原因かも知れないので、アーノルドプレスでもやり始めた。
重すぎる2枚と軽すぎる1枚を連続でこなすってのをしばらく継続してみよう。

ちょうど昨日、ドロップセットやフォーストレップをやってる人は伸びないというYouTubeを見た。
もはや山本義徳はわざと逆のことを言って炎上とか狙ってるのかと疑ってしまう。
しかし例えば100%外れる占いは、その逆をやれば100%当たる非常に価値がある占いだ。
わざと逆のことを言ってる人の逆のことをやるのが正解なのかって気持ちで見てしまった。
と言うことは「EAAは無駄、長時間トレすべき、ドロップセットやれ」って言ってるような物だ。
そういえば唯一ドロップセットをやってるベントローが伸びたから、ドロップセットをやろうと。
それで今朝からアーノルドプレスにも取り入れ始めた。
完全に山本義徳がやるなって言ったきっかけで始めた事になる。
どうせ伸びてない種目なので、工夫して伸びなくてもダメで元々ってことだしな。

ま、あたしのベントローはもしかしたらドロップセットをやらなくても伸びたかも知れない。
山本義徳が正しければやらない方が伸びたかも知れない。
だとしても、唯一のあからさまに伸びたやり方を、伸びてない種目にも取り入れたい。
その動画で山本義徳も頭を使って筋トレしろって言ってた。
それって、山本義徳の言いなりになってたら頭を使ってないことになるわけで矛盾が発生する。
ドロップセットはやるなと言われたからやらない人が一番ダメ。
EAAを飲めば良いと言われて買ってみる人が一番ダメ。
コルチゾールがどうたら信じてる人は全然頭使ってない。
先生に言われたことをそのまま信じ込まないで、自分に合うやり方を追求しろって事よ。
どうやら山本義徳の体質とあたしの体質はちょうど100%逆っぽいので、逆をやるのが正解っぽい。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。