やっぱりダンベルは邪魔

筋肉系のYouTubeに影響されて、かなりダンベルが欲しくなった。
けどダンベル自体は持ってるし物置から出してくれば使える。
今どきのダンベルは重さを変更するのが楽っぽいが、あたしのはネジ式で少しだけ手間がある。
手間だけなら別に新しいダンベルに買い換える理由にはならない。
そうではなく、ネジ式のダンベルは外したプレートがかさばる。
色んな重さのダンベルを揃えるのが一番邪魔だけど、色んなプレートがあるのも結局邪魔だ。
当時はそれが当たり前だったから納得して買ったダンベルだ。
買い換えたくなるなんて想像してなかったね。
けどYouTubeに影響されて、今どきのプレートがかさばらないダンベルは欲しくなった。
かさばらない方のダンベルくらいなら置くスペースは確保できる。
けどダンベルを買うならベンチも欲しいわけで、さすがにベンチを置くスペースを確保出来ない。
ベンチを置くならぶら下がり健康器は片付けることになる。
ベンチがなくてダンベルだけだと、何万円も出してかさばらないやつを買うほどの魅力はない。
懸垂出来た方が良いか、ベンチとダンベルが良いか、懸垂を残したままダンベルだけ足すか。
ダンベルを足したいけど物置のやつはかさばるし、かさばらないやつは何万円もする。
何万円しても長く使うんだと思えば高くはないが、もっと新しい便利な物が発明されることもある。
そうなるとうちじゃダンベル買い換える余裕はないかなぁ。

あたしの今やってるメニューは、今ある物で完結しちゃっている。
腕立て伏せや懸垂が出来て、アブローラーとゴムチューブがあるので不自由はしてない。
唯一、今は肩のサイドとリアでゴムチューブより良い道具を欲しがっている。
ところが工夫してやってたら、ゴムチューブは引きたい方向に引ける事に可能性が見えてきた。
ダンベルは下にしか落ちないから、体の角度を調節するしかない。
けどチューブはどの方向にも引けるから、引く角度を調節することが出来る。
肩のトレーニングには、より効く角度を見つけることがかなり重要かと思われる。
自分の鍛えたい筋肉に最も効く方向に引けば効かせやすいんじゃないかという手応えを得た。
日々、創意工夫をしてるので、チューブもいいかもと今は思ってる。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。