最新じゃなくても育てるしかない

ワサコレでBLS配信終了とともに、最新シーズン扱いも終了してしまった。
アウクスブルク染めやBLS染めのステアップ連携が、最新シーズン限定だから消滅した。
半年遅れてやっと入手したコウベクを、実戦投入前に弱体化されてしまった。
SPSアイスランドと同様、ステアップ連携こそ肝だったからもう死んだも同然。
しかし、メンテ前に既に予想してたことなので、意外に心の準備は出来ていた。
そして全く予定は変わらず、アウクスブルク勢とシャルケのマケニーを育てたい。
攻撃はシグルズソンかリベリー、守備はマグヌソンかリヒト君を使う事しか考えてない。
その、リヒト君を使う編成で一番良さそうなGKはコウベクってのも変わらん。
リヒト君と両輪が組めるMAXも好都合だし、コウベクと要塞網が組めるCB二人も必要。
あるいはGCSユベントスのコスト34CBコンビも、DMFに組織的守勢がいれば候補になるが。
ハリーウィンクスがいるけど粉骨砕身でケガしたらCBもまとめて弱体化するリスクがある。
さもなくばTOPスクーラソンをオレンジ適性で使うか。
あとBDRでコスト34のCBが二人いるので、GKにノーマーカー系の低コストがいればあり。
どっちにしろ、今一番のタスクはリヒト君とMAXの完凸だ。
ベンチはGCSネトも完凸したいから、CBとどっちが先か。
あるいは使えそうな攻撃陣を入手できればそっちが先になるかも。
最新じゃない選手をこれから育てようという時点で、もう環境について行く気ナシだな。

グランプリはものすごくブッフォンと当たる率が高い。
アイスランドではブッフォンからあまり得点できず、非常に苦戦している。
逆に、ブッフォンをベンチに入れたアナライザー型からは快調に勝利している。
まさにジャンケン。
ただしアナライザー型はかなり少なく、今回はブッフォンスタメン型が多い。
よって、アナライザー型はジャンケンに勝ちやすく、うちはアナライザーは持ってない。
そしてアイスランドは、このジャンケンの偏りで今回は非常に苦戦する。
ダイジェストで相手チームのブッフォンが見えた時点でもう負け確定ぐらいだ。
また、SPLのトッティやベッケンのフォメによるスキル封じにも苦戦する。
ベズヴァルソンをOMFに下げる作戦は、スキルを封じられたらゴラッソが出なくなる。
これならまだちゃんとツートップにしたアイスランドの方がマシだろうな。

そんなこんなで、今はガタガタにつまらん。
楽しさを見いだしていないのでプレイ時間は少ない。
限凸したいしEX消したいので、キャンプのためにエナボ貯めよう。
あーそうそう、そうやってあきらめて地味に遊んでたんだよな。
少し強くなるとそれが当たり前になり、時々エナボ買ってまで勝ちたがる。
ホントに今、ワサコレの遊び方をリセットして考えたい。
金を払った結果の勝利なんて、ゲームとしては喜ぶべき物ではない。
でも逆に、払った金額の多さに満足を感じる人もいるんだろ。
わざと高い物を身につけたりして、それにステータスを感じるようにな。
あたしにはその感覚が全然ないんだよな。
やっぱり貧乏を経験した人ほど、裕福な自分を実感したくて金を払うんだろうな。
そう言う人のためにソシャゲがある。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。