脱Firefoxチャレンジ2020

仕方なく使い続けてるFirefoxから、Vivaldiへデータ移行して使ってみてる所。
Firefoxはかつて、それより昔の和製タブブラウザからの受け皿になった。
たぶん日本人は諸外国とは違う特殊なタブブラウザ文化に慣れてしまったんだよな。
そういう人たちでも、Firefoxならアドオンで昔のダブブラウザと同じ操作に変更できた。
その時代も、Firefox本体がアップデートされるたびにアドオンもアップデート待ち。
アドオンが使えなくなってからも、本体がアップデートされるたびに対策が必要になった。
自分が古いやり方にしか対応できないばかりに、新しくなる度に苦しめられる。
先日いよいよ、設定フォルダじゃないところまでいじるようになり、危機感を強めた。
Firefoxでなければ出来ないのは多段タブぐらいで、確かに多段タブにはしたい。
ってか逆に、多段タブにしないFirefoxは使いにくいので、別のブラウザの方が良い。
Chromeでどうしても慣れないのは、デフォでブックマークを新規タブに開かないこと。
古いブラウザでは、多段であることとセットでどんどんタブを開く使い方に慣れた。
世界標準ではどんどんタブを開かないから、タブを多段にする必要はないんだよ。
自分を世界に合わせることが出来ず、不便でも仕方なくFirefoxに依存してきた。
Vivaldiはたった一つ、ブックマークを新規タブで開くオプションがある事が決め手だ。
それ以外にもChromeよりはカスタマイズ出来るようだが、別に魅力じゃない。
FirefoxはやめたいがChromeで慣れないその一つだけの機能を目的に移行準備中だ。

まぁ、タブが横並びになったとしても、スクロールにならず幅が狭まる方がマシ。
とにかくたくさんタブを開くスタイルだから、スクロールになるのは最悪。
世界標準ではそんなにタブを開く使い方を想定してないもんな。
Chromeと同じだからこんなもんだろうと思って使えばいいよ。
Firefoxだから多段タブにしないと使いにくいのであって、Vialdiならこれでいいわ。

IEやエッジで開く拡張機能もすんなり入って、Firefoxのような追加作業は要らない。
色物を追加インストールして楽しむ気はないので、拡張はあといらないかなぁ。

不便なのは、Firefoxのツールバーに並べることが出来た☆マークがないこと。
それの代わりをさせるためにブックマークバーかメニューバーが必要。
本当はそんな使い方じゃなく、ブックマーク窓みたいのを使って欲しいらしいが。
あたしはそうやって使ってきたので、今はそれと同じ物が欲しいところ。

アカウントを作ったので他のパソコンと同期させるのがうまくいけば問題ない。
しばらく使ってみる。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。