Opera8

1155 letters | 734 views | コメントする

これまでは有料もしくは広告付きのブラウザだったものが完全無料化されたらしい。
あたしはサイトの動作確認のために以前からたまに起動していたのだが、
この機会に、本気で使うくらいのつもりであちこちカスタマイズしてみた。
まぁ、もちろん本気で使おうとは思っていないわけだがね。



たとえばIEを意識した他のアプリや、他のブラウザとの連携の悪さ。
IEで開いていたページをFirefoxでも見たいと思ったとき、
IEのアドレスバーの先頭あたりをドラッグしてFirefoxにドロップする。
逆もまたしかりだが、Operaだけはこういった動作が出来ない。
ドラッグドロップ動作がWindowsの標準的なものを使ってない独自のものだから仕方ない。
Googleバーの「上へ」が欲しいけどもちろん未対応。
Googleバーさえあればずいぶん楽になるのだが、Googleと提携してるわりにツールバーは無しか。
バーの並べ替えやタブ動作のカスタマイズなど、設定できないんだが探せないんだか。
Firefoxも拡張無しだと似たようなものだが、Operaはタブブラウザとして自由がきかなすぎる。

IEを使いやすくするといった目的で、IEコンポを使用したブラウザが多数有り、
Firefoxを使いやすくするといった目的で、サードパーティ拡張が多数有り、
ユーザーは自分の好みに合わせたブラウザを無料で獲得できる時代だ。
Operaは何もかもが独自流で、サードパーティによるカスタマイズの余地はない。
IEでないと見れないページをあきらめてまで、使いやすくもないマイナーブラを使うだろうか。

でもFirefoxは自由にカスタマイズできるけど起動がすんごく遅いし、
無料のIE系タブブラウザはコンポの限界がそのままブラウザの限界になってるしで、
サクっとダウンロード、すっと起動、キャッシュの再表示が一瞬で終わる高速なOpera、
すくなくともIEコンポ系ブラと同程度のカスタマイズは出来ているOpera、
ということで、ある程度は普及するのかも知れない。
しかし、IE嫌いなIEユーザーが代替品としてOperaを使う程度で、
きっと欲張りなFirefoxユーザーはOperaに移行することはないと思うがどうか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。