初めてのApple Pay

何から初めていいかわからないところから始めた。
Suicaはカード持ってないから、アプリは起動してみたけど発行は後回しにした。
ウォレットにクレジットカードを登録できるかやってみた。
QUICPayかiDかクレジットか、どれかで読み込まれたら使えるかと思ってな。
あたしは昔から世界シェア一位のVISAにこだわってるが、この分野ではVISAはダメっぽい。
でもダメモトで登録を試して見たら、QUICPayだけ登録できた。
これさえ登録できればどのコンビニでも支払えるだろう。
次に、PontaカードどTポイントカードをスマホに登録した。
nanacoは持ってない。
Tポイントは画面にバーコードを表示させる必要があるが、Pontaは指紋認証のみ。
ローソンだと「アップルペイデ」って言えばポイントカードも支払いも一度に終わるはず。
恐る恐るペットボトルとパンをレジに置き、アップルペイでって言ってやったぜ。
そしたら「支払いもですか」って言われちゃった。
予習してたのと違う反応されてちょっと緊張し、ダブルタップ失敗してモタモタした。
どのタイミングでどこにスマホをかざすのかわからなかったりした。
やっぱりお互いに処女と童貞だとぎこちない感じになるんだな。

そもそもあたしは、スマホにパスコードを設定しないで使って来た。
パスコードがない方がすぐに使えて便利だけど、Apple Payには必須のようだ。
指紋認証は両手の親指と人差し指を登録してみた。
そしてもう一つ、あたしはiCloudを使ってなくて、今回なぜ必要なのかわからん。
昔からスマホやってる人は、今より勝手通信に神経質になる事が多かったからな。
普段使ってないパスコード、指紋認証、iCloudの三つをオンにするのに抵抗があった。
まぁ、指紋認証は、逆に今まで2回タップしてた物が1回タップと認証になったからいい。
パスコードは忘れるかも知れない。
iCloudはログインしてても何もバックアップしない設定に変更した。
こんな感じでiPhoneの設定をいろいろ変更して、下準備が面倒だなぁと思ったんだよ。
でもたぶん、一般のiPhoneユーザーは、最初からiCloudもパスコードもオンだろう。
あたしが勝手にオフにして便利に使っていたものを、元々のオンに戻して使うだけだ。

スマホを出せば財布を出すより素早いのかって点はなんか微妙かも。
小銭を出すのは袋詰め中にやればいいわけだから、現金に慣れてると実質ゼロ秒だ。
おつりを受け取る時間を省略するつもりが、レシートは必ず受け取るから一緒だ。
現金より早いよっていう言ってる人達は、小銭を数える能力が退化してるだけだな。
現金慣れした田舎の人は「アップルペイデ」って言わなくて言い分、現金の方が早い。
しかもスマホを機械にかざしてる間、画面にクルクルのマークが出て待たされるしな。
なんかすごいモタモタした気がしたが、でもしばらくはこれでやっていきたい。

「アップルペイデ」って言って貰ったレシートには、QUICPayって書いてあった。
ひょっとしてさ、ファミマでも「アップルペイデ」って言えば自動でQUICPayになるのか。
ローソンでは「アップルペイデ」、ファミマでは「クイックペイデ」じゃまぎらわしい。
せめてローソン以外は「アイディーデ」なら言い間違わない気もするが。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。