粉の奪い合い

ホエイプロテインが世界的に高騰している。
メーカーが材料を仕入れる時点で、原価がいくらなら販売価格はいくらだと計算するはずだ。
各社で販売価格を上げるかどうかは、材料を仕入れる時点で決断しなければならない。
値上げしても良いから仕入れちゃうって会社もあれば、値上げしたくないから仕入れない会社もある。
仕入れを見送れば販売する商品も売り切れになっちゃうが、価格はしばらくキープできる。
原価が下がる見込みがあるのであれば、下がってから仕入れれば良いわけで。
ただ、おそらくもう下がる見込みなんてない状況だろう。
各社で次々と値上げを繰り返し、価格のチキンレースをやっている。
そう考えると、現時点で売り切れが長引いてるところは、仕入れ価格で話が付いてないんだと思う。
仕入れ価格を上げさえすれば材料は入ってくるだろうし、でも商品は値上げすることになる。
値上げすると客が逃げるから仕入れる事すらしないで時間稼ぎをしてるかも知れない。
その時間稼ぎしている間に他社が値上げしてくれたら、改めて自社も値上げできるからな。
そう言う色んな駆け引きで、高騰と売り切れが折り重なってる状況かなと感じている。
現在ニチガのGP8000インスタントを飲んでるけどずっと売り切れ中だ。
じゃぁMADPROTEINのノンフレーバーを試そうかなとも思ってたがこれも売り切れてる。
そしたらエクスプロージョンでも良いんだけど、これも売り切れるんじゃないかと心配になった。
まだ買うタイミングじゃないんだが、売り切れるかもと焦ってしまう。
妥協の妥協の妥協までいくらでも選択肢があるし、最安を考えなければ焦らなくて良いんだが。

乳糖の問題もあって、ソイとホエイを混ぜて飲んでいる。
ホエイの方はもう味なんかこだわってる場合じゃなくなったのでノンフレーバー。
そこにフレーバーありのソイを混ぜてちょうど良い感じにはなってる。
MADPROTEINのソイで今回は黒蜜きな粉味を開封してみた。
あくまで、うちはソイとホエイを混ぜて飲んでるから単体での味の評価はしてない。
他にマルトデキストリンとかイヌリンも混ぜて美味しいかどうかが重要だ。
現在、このシリーズでは塩キャラメル味とカフェオレ味が気に入っている。
3個セットで3種のフレーバーを選ぶなら、その2種は当確であと1種以上はお気に入りを見つけたい。
と言うことでマイナーっぽい味も選んでみたという中の一つが、黒蜜きな粉味だ。
ところが、あたしはプロテインじゃない本物の黒蜜とかきな粉の味がわからない。
プロテインの方は甘みや苦みを感じる味だが、はたしてそれが黒蜜きな粉味かどうかは不明だ。
本物がわからないので偽物が似ているかどうかもわからない。
似ているかどうかより美味しいかどうかが重要だが、まぁ別に不味くはない。
好きでも嫌いでもない味だが、何味かわかる味よりわからない味はワンランク下の評価になる。
抹茶とカシスはたぶんもう買わないと言う評価だが、その2種ほどはクセがない単に知らない味だ。
嫌いじゃないけど好きになれる理由もない感じ。
だので次回の注文は、当確2種と冒険1種を買うつもりで、ストロベリーを試そうかなと。

メロン、バナナ、ピーチマンゴー、マスカットとかは今のところ興味がない。
けどお気に入りが見つからなければいずれは試すかも。
ミルクティーはカフェオレと被りそうで味変にならないんじゃないかと思ったから試してない。
ブルーベリーチーズケーキはまぁ、フルーツ扱いなのか何なのか受け止めきれなくて試してない。
チョコ、バニラ、杏仁豆腐、黒蜜きな粉は可もなく不可もなかった感じ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。