UFOとどん兵衛を混ぜたやつ

UFO味のどん兵衛とどん兵衛味のUFOを買ってみた。
まずUFO味のどん兵衛は、どん兵衛の麺にUFOソースをかけた焼きうどんだった。
まぁ、うまい麺にうまいソースをかけて食うんだからうまいんだけどさ。
やっぱりUFOのソースはUFOの麺にかけて食った方が好きだなぁ。
どん兵衛の麺を焼きうどんにするんだったら、UFOソースじゃない別の合うタレを用意すべき。
これを食うくらいなら普通のUFOのまま、普通のどん兵衛のまま食べたい。
普通のUFOと普通のどん兵衛が好きすぎて、混ぜてしまったことをもったいないと感じた。
と言うことで期待せずどん兵衛味のUFOも食べてみたが、こっちはダシ味焼きそばだ。
うどんのつゆに入った焼きそば麺という対比商品ではない。
すなわちこの両方の商品は両方とも湯を捨ててからタレをかける物だった。
こっちは食いながらうますぎて何度もうなった。
UFOやペヤングって、いつもと同じ麺だけど違う味ってのをしょっちゅう商品化している。
その一つとして見ると今回のどん兵衛味はかなりうまい。
うまいんだけどこれがどん兵衛味と呼べるのかは微妙だな。
そもそもあたしの好きなどん兵衛は鬼かき揚げなので、油揚入りのやつとは味が違う。
しかもどん兵衛味と言いつつマヨネーズ付って言う全然どん兵衛じゃないトリッキーな構成。
とにかく両方食べて好きだったのはUFOの麺の方で、どん兵衛の麺はソースかけて食うもんじゃない。

あたしは鼻の機能が低いせいで、食べ物を香り以外の要素で判断しがちとなる。
たぶん鼻が機能してないせいで、そばよりうどん派なんだと思うんだよ。
そばってのはおそらく香りが重要なんだろ。
あたしはそれを感じられないから、それより歯ごたえが好きでうどんを食べたい。
もちろん即席麺やらカップラーメンとかにも歯ごたえがある方が好きになりがち。
太麺って書いてある方がついつい買っちゃう自覚がある。
カップ焼きそばよりもカップ焼きうどんが売ってれば、そっちを好んで買うはずなんだよ。
そしたら今回の比較でも、きっとUFO味のどん兵衛麺が美味しいはずだと思って先に食べたんだよ。
まぁ、でも太ければ良い訳でもなく、ソースをかけて美味しいような歯ごたえじゃなかったわ。
チュルチュルっとね、これはこれで美味しいんだけど、つゆなしで食う弾性じゃねーんだわ。
そして最初は期待しなかったUFO麺が、結局何味でも美味しく食える優れた麺だとわかった。
太ければ良いんじゃなく、ちょうどつゆなしで食うベストな歯ごたえになってるんだろうな。
やっぱり適所適材が一番。
どん兵衛の麺はうどんのつゆに入っててベスト。
UFOの麺はつゆのない食い方で何味でもいろいろ行ける可能性はある。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。