廃案になったSPS作戦

ワサコレで今、NDSゲデスを面白がって使っている。
ミドルシュートを発動するたびに少しずつ強くなっていくのが長所。
しかしコスト38なので、スピドリを発動するとしばらくミドルシュート出来ないのが短所。
序盤からスピドリを2回発動したりすると、後半も全然強くならないから交代したくなる。
一応交代要員をベンチに入れてるが、そんなにうまく自動交代してくれるわけもない。
そこで、個別スキルでビート系を持ってる、SPSのスアレスやグリーズマンが欲しかった。
ちょっともう過去形になってしまったんだけどね。
例えば先日、5-3-2サイドカウンターフォメに特性ドリンクを使ったわけだ。
その左ウィングにグリーズマンを置けば、ゲデスより活躍しそうではある。
グリーズマンが欲しかったので、仮想グリーズマンでゲデスを試してたような物だった。
しかし相方のコストを揃えないとバックアップサポートが効かないことに気づいた。
2トップをやるなら2トップのコストを揃えるような時代が来ている。
バックアップサポートが効かないか、逆にクロックアップが効かないかになっちゃう。
そう思ったら、もしグリーズマンかスアレスを当てても、生かし切れない気がしてきた。
そもそもうちは今SPLローターが不可欠になってるので、ベンチサポートが難しい。
個別FWを使ってもゲデスを超えられなさそうに感じてるわけ。
そういうわけで、欲しかった選手が試す前から欲しくなくなっている。

SPLローターを使う前提で、SPで4バックとテアシュテーゲンもやりたかった。
左ジョルアルがいるので、右ネルセメが当たればCBはマンU使って組めなくもない。
ただ、今やってるリヒトシュタイナーとマックスの両サイドは眼が優秀なんだわ。
SPLローターとアウクスを併せた眼の強力さが気に入ってる。
眼を効かせてなおかつ両輪連携を組めて、老成円熟がなくても強いと感じている。
リーグ戦じゃどうか知らないが、少なくともフレマではしっかり効いてる。
中央はローター、サイドはアウクスとローターの合わせ技で効いてる。
効いた結果、コウベクはまるでコンダクト系GKのように堅くなっている。
そこに満足しすぎて、テアシュテーゲンへの乗り換えがあまり乗り気じゃなくなった。
セメドがそんなに欲しくなくなった。
あ、でもバルサにも連携あるだろうし、揃えてみないと分からないが。

一時期、SPSバルセロナは結構魅力的に見えてたんだが、今はあまりよくないな。
将来性を考えて、ベンチ要員として低コスト数人を確保しておいた。
こいつら以外は使えない気がしてきた。
イベント産レアリティに魅力がないとイベント参加理由も薄くなる。
課金ガチャしかしなくて良い方向になってきてるので、課金しないと何も変化しない。
とりあえずさっさとこのSPSは終わって、もう一度ぶっ壊れSPSの時代に戻って欲しい。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。