検索バーが重要だったのかもな

ブラウザをFirefoxからVivaldiに乗り換えたが、もうほとんど違和感はない。
やはりタブを多段にしないと使いにくいのはFirefoxだけで、必須ではなかった。
ツールーバーの☆印からブックマークメニューを出す機能は拡張することにした。
メニューバーかツールバーを一行増やすよりは、不完全な拡張の方がマシかなと。
この拡張はChromeを使う場合も必須だと思ってインストールしたことがある。
しかしブックマークだけ新しいタブで開くじゃなく、検索も新しいタブで開きたかった。
その辺がいつまでもChromeに行けずにすぐFirefoxに戻ってた一因だな。
Vivaldiは検索バーがついてるので、そこから新規タブという使い方が出来る。
今まで慣れちゃって変更出来なくなった使い方に、かなり寄せることが出来ている。
まだ未読タブの扱いが今まで通りに行っていない。
ってかこれもFirefoxの標準機能じゃないが、未読タブの文字色を変更していた。
Google検索結果から三つくらいはバックグラウンドのタブで開いてから読んでた。
Vivaldiも未読タブに目立たないちょこっとのマークなら付けられるが、見落としちゃう。
この辺が昔のIEコンポ時代にタブ開きまくって慣れてしまった人の使い方の違いかな。
あとどうやらあたしはFirefoxのフォントをメイリオ系に変更していたようだ。
Vivaldiではいつものページがいつもと違うフォントになることもある。
どっちがいいかわからんが、今は違いを楽しんでいる。

別にChromeでも何でもいいんだよな。
Firefoxを標準じゃない使い勝手にして慣れちゃってきた自分に問題がある。
自分の慣れたやり方にカスタマイズする方法が、細々と提供され続けてきた。
いつかそれは出来なくなると言われつつ、裏技みたいに手を変え品を変え続いてきた。
続いてるからそのまま依存してきたが、依存を脱したい気持ちも強くなる。
面倒くさいのはナシで、ブラウザの標準機能に慣れたい。
ChromeよりはVivaldiの方が、今までのやり方に少し近くできる。
この辺で着地したい。
何度もFirefoxをやめようと、特にChromeへ移行しようと挑戦してきた。
ChromeじゃすぐまたFirefoxに戻ってたが、Vivaldiならこのまま継続かもしれない。

Firefoxと同様、拡張に頼ってると仕様変更で急に使えなくなるかもしれない。
だから最小限の拡張だけにして、標準機能で慣れてしまいたい。
☆印からブックマークメニューの拡張はぜひ、標準機能に組み込んで欲しい。
が、拡張があるからこそ標準機能にはならないかもね。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。