リセマラは30年前もやってた

女神転生D2はマグネタイト集めや烙印吟味をずっと続けて行くゲームのようだ。
ガチャが当たるとか当たらないとかはリセマラまででおしまいかなと思ってる。
他のゲームはリセマラで当たりが出ても、その後が爆死続きだとやる気がなくなる。
無料でガチャ出来るかどうか、当たるかどうかでソシャゲやってたらそうなる。
ゲームの面白さはどうでも良いからガチャさせろってのが、個人的にソシャゲの目的だ。
でも女神転生はそう言う事じゃないっぽい。
ずっと育成があるので、その育成を早めるために課金してねのスタイルだな。
キングスレイドがそれだったが、対人要素とかも含めてかなり近い運営スタイルだわ。
で、キングスレイドはなぜやめたかというと、日課が多すぎたこと。
女神転生は日課がすぐ終わるけど、スタミナがすぐあふれるからもったいなく感じる。
今のところ、ついついプレイしちゃってて長時間かかりきりだ。
このままじゃキングスレイドと同じ理由でやめる。
適度に遊び、適度に諦めるぐらいで落ち着けば長く遊ぶかも知れない。
ずっとマグネタイトを集め続けて合体を目指す。
ずっとカンバリを作り続けて育成を進める。
この作業に飽きるだろうけど、それ以上に合体に魅力を感じれば続く。
キングスレイドは日課に飽きたときに引き止める魅力的な要素がなかった。



ここまでは、昔のウィザードリィの遊び方と一緒だなと思った。
あたしはなかなか冒険に出発せず、一日中キャラメイクでポチポチやるタイプだった。
30年以上も前から、キャラメイクでずっとリセマラしてスタートしなかったじゃん。
今回のリセマラも当時と同じキャラメイクを楽しんでたっていう事で納得だ。
リセマラは面倒くさい、さっさとゲーム始めろ、っていう派もいるだろう。
せっかくリセマラしたってどうせすぐゴミになるから不要って派もいるだろう。
あたしはウィザードリィでボーナスポイントが多く出るまでスタートしなかったからな。
それをパーティー全員分やってたからな。
ゲーム本編よりもスタート前にどれだけ有利に出来るかで長時間遊んだ。
課金とかの要素がないゲームでさえリセマラしてたわけで、それは遊びとして成立する。
初期でマザーハーロットとラーマがいるのは、ウィザードリィで言えば忍者とロードだ。
そうか、あの頃の遊び方が面白くて、あたしは今でもソシャゲでリセマラするんだ。
キャラメイクだけ好きな人は無料ですよっていうのが今のソシャゲだと思えばいい。
んでどうせ飽きてやめるんだけど、また別のキャラメイク無料をやるから平気。
ま、さっさとスタートして本編を楽しみたい人もいるから良いんじゃないの。
本編を楽しむために必要ならお金を払う人もいて、上手く出来てるシステムだよ。

んで今からもう、飽きたらどこまで減らすか考えてる。
デュエル7勝でわずかなジェムを貰うってのが一番キツいと思うんだよ。
他の日課はすぐ終わるけど、デュエルは勝てなきゃずっと終わらない。
今まさに飽きる前にやっておくことは、デュエル7勝が簡単になる土台作りかなと。
土台が出来る前に飽きたら脱落かな。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。