ツルツルの包茎

陰毛がなくなったら、普通に生活してて気づくと半分くらいチン皮をかぶっている。
もともと皮は余り気味だったが、だからって自然にかぶるようなことはなかった。
毛がなくなった事によってチン環境に変化が起こっている。
たとえば、陰毛がパンツとチンコの摩擦を軽減してくれていた説。
あるいは、陰毛がチン皮に絡まってかぶるのを阻止していた説。
どっちにしろ、陰毛はあると邪魔だと感じていたから始末したのだ。
邪魔だと感じるという事は、それなりに存在感があり、邪魔な役割を果たしていた。
あたしにとっては邪魔でも、チン皮にとってはかぶらないための何かをしていた。
あってもなくても良い空気のような存在では決してない。
何かをがんばっていた。
んで、ここで二択と言う事になる。
陰毛が邪魔、でもなくすとチン皮が半分押し寄せる。
普段、亀頭は全部出して生活してきたから、半分かぶってるとすぐ違和感がある。
全裸生活から半裸生活への転換に馴染めず、邪魔ですぐ全裸になりたがる。
特に夏場の毛の暑苦しさを考えると、毛がなくてもチン皮で暑苦しいのは困る。
もうこの年で包茎手術でもしちゃうか?



たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。