まずは麺っていう派

685 letters | コメントする

テレビとかでラーメンのレポートする時に、最初にスープ飲んじゃうのがもったいない。
あたしはラーメンを味わう時、まずは麺にスープが絡んでくるのを味わう。
先にスープを口に入れてしまった場合、口の中がスープの味を覚えてしまうんだよ。
これはまるでサスペンスでネタバレを先にしてしまうような物だ。
だからもったいないと。
少しだけ絡んでくるスープで麺を味わうからこそ、絡み具合を堪能出来るのだ。
これがあたしは、まだ舌がスープの味に慣れる前じゃないと出来ないんだよ。
他の麺類だって、麺を味わうためにあえてスープを少ししかつけない食べ方があるじゃん。
ラーメンの場合は最初からスープにひたって登場するわけだよ。
それでも、スープではなく麺を先にすすれば、まだ舌がスープの味を覚えていない。
麺のおいしさをスープの味で誤魔化さずに味わうことが出来るんだよ。
たぶん、それをやってないから、ラーメンの話=スープの話になるんだと思う。
どれがうまいとか言う話で、スープの話ばっかりしてる人いるじゃん。
スープでしかラーメンを区別出来ない人ばっかりじゃん。
そのくせ麺は完食してスープは残して帰るじゃん。
全くどこにも共感出来ないね。
なんなら、スープより麺の種類が豊富なラーメン屋で麺の談義をしたいくらいだ。



たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。