カレンダーもToDoもGoogle

全然使いこなしてないので、iPhoneにカレンダーやToDoが付いてても便利なのかどうかわからない。
体重だけは今までパソコンで記録していた物がiPhoneになって便利になったと思うが、
これは元々パソコンでやってたからこそ、パソコンを起動しなくても良いと言う点で便利なんだが、
カレンダーもToDoも、パソコンに付けてないものだから、これから習慣になるかどうかって感じ。
ただ、あたしごとき半分ニートのような人間が、覚えきれないほどの日程をこなすわけもなく、
ググって出てくるアプリ比較のスクリーンショットのような、書き込みだらけの状態にはなってない。
動作確認のための落書きが少々あるっていう程度で、本当に必要なことは数件。
そんな日付の決まったものではなく、近日中に忘れずにやろうって言う物は結構あって、
それはカレンダーではなくToDoの方に書くわけだが、単なるメモ帳よりは確かに使いやすい。
でもメモしなきゃ忘れちゃうほどの量ではなく、少ないからこそ書き込みも楽であえて使ってるが、
書かなきゃ忘れるほど多ければ書くのも面倒になるだろう。
つまり、少ないから面倒がらずに今は使っていけるが、慣れて多くなれば面倒で逆に紙に書きそうだよって。
まぁともかく、どういうときに便利か知るために使ってる。



メールは添付容量の問題とプッシュの使い勝手で、iPhone専用ではなくGmailを使う事にしたし、
カレンダーはほとんどのアプリがGoogleと同期だから、他を選ぶというわけにはいかないし、
そうなるとToDoもGoogleのを使えば、いろんな所にアカウントを作らずにシンプルになる。
しかしGoogleのToDoはまだ出来て日が浅いのか、アプリが充実していない感じ。
ToDoだけ単品なら無料で使いやすいのがあるけど、カレンダーに組み込みたいと思うとあまりない。
カレンダーにToDoの締め切りも重ねて表示する一体型アプリは一個しかなく、
その一択のCalenGooと言うアプリはなかなか使いづらい。
こいつに「ギャバン黒胡椒買う」と何回も入力したんだが、その何回かは入力がキャンセルされ無題になり、
タイトルを入力したあとでメモに「あ」を入力して、ちゃんとタイトルが入ったことを確認した上で「あ」を消す。
とかしなくても良いかと思うけど、こんな変なことも一度あったんだからまたあるかも知れない。
これじゃ使いにくすぎるし、ただでさえ下部の表示切り替えアイコンが小さくてタップしにくいのに、
さらにもう一個ToDoアイコンを足すことになるわけだから、だったらTodoは別のアプリで入力しても、
どうせ入力先はGoogleだからCalenGooのカレンダーにも表示されるから良いかなと思ったが、
あたしのようにパケット遮断で使ってたら、iPhone内ですら同期が保てなくなる。

GoogleじゃなくToodledoと同期するInformantとかもあるけど、
せっかくカレンダーとTodoが一緒になってるのに、ToDoの締め切りがカレンダーに表示されない。
informantならタップできるアイコンが小さすぎないし、あとから予定変更もいじりやすいが、
CalenGooがToDoの締め切りをカレンダーに表示してるのを一度見ちゃうと、
それが表示されないInformantは使いたくなくなる。
この一点だけでCalenGooなので、やり方があるならInformantを使う。

カレンダーとメールはGoogleで決まりだし、連絡先もiPhone側はちょっとおかしいがGoogle側はバッチリで、
ここまで来たらToDoもGoogleにしてアカウントを統一したい。
将来Androidにシフトしたいと思ってるからという理由を差し置いても、これじゃGoogleに依存する事になり、
Googleに依存するつもりならiPhoneである必要性はますます低く、やっぱりAndroidにすべきだな。
CalenGooがAndroidでも出てるようだし、移行には不安なし。

ちょっと気になったのは、Googleがこんなに至れり尽くせりなのに無料なこと。
広告収入を得ているったって、iPhoneからアプリでアクセスしてる限り、広告は一切出ない。
ブラウザでアクセスする気がない人からは広告収入も取れず、なおかつ無料で続けていけるのか?

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。