反動は好きだけど怖い

YouTubeで薊流の筋トレに興味があって参考にしてるが、なかなかマネできていない。
反動を使うものに最も興味を引かれるけど、反動は運動神経が悪いと上手に扱えない。
下手だから効かないってだけならまだしも、下手すぎてケガするってくらいにポンコツだ。
腕や肩を固定してるから安全って言ってるけど、首や腰に反動が逃げてとても継続できない。
あたしも昔から反動が好きな方で、自重種目に反動なりジャンプなりを入れてアレンジしてきた。
それをやると対象部位には刺激が増えるけれど、やっぱり首とか腰とか関係ないところが痛くなる。
まぁ運動神経がいい人はそうならないかも知れないよ。
反動は好きだし効くけど、あたしがやると我流でも薊流でもどこか痛める。
特に年を取ったら反動は控えた方が良いのかも知れない。
動画で反動のアップライトローを見たら、まさにあたしがやると首と腰を痛める動きそのものなのよ。
やる前からわかるやつだ。
けどまぁ痛めない程度にパワーブロック類似品でマネしてみたら筋肉痛っぽくなった。
やってる最中は効いてるかどうかよくわからなくて、終わってから対象部位の疲労を感じられた。
こりゃ良いなと思って、痛めないこと優先、効かせることは二の次でマネを継続していくつもりだ。
あたしはウェイトの使い方が下手くそで、サイドレイズはゴムチューブじゃないと出来ない。
ゴムチューブでも声出ちゃうほどメリメリってやるので、それなりの効果はあると思ってる。
バリエーションとして、ウェイトを使った刺激を求めてたので取り入れてみた。

近頃、薊流は自分で「正解ではございません」とか「たぶんそう思う」とか実に謙虚だ。
おそらくどこかで誰かに叩かれて予防線を張るようになったのかなと感じた。
一方、よそでは「正しい知識を広めるためにYouTubeをやってる」って言ってる人もいる。
自分が正解だと傲慢に主張するチャンネルには嫌悪感を抱き、謙虚になった薊流に好感がある。
正解かどうかわからないけどやってみて自分に合えば取り入れようって姿勢が気に入っている。

薊流とリアル筋力はおそらく別物だ。
リアル筋力を参考にして探求した形が薊流なんじゃなかろうか。
本家のリアル筋力は老人を集めてセミナーをやったり奇跡を起こしたりして、あまり好きになれない。
リアル筋力のマシンはもしかしたら優れてるかも知れないが、触ったことないしわからん。
ビッグヒデのチャンネルではリアル筋力のマシンを扱った動画が削除されてるのが気になるところ。
優れてるかも知れないマシンが存在するほかに、マシンを使わない薊流も別物で存在する。
自宅でマネできるのはそのフリーウェイトの薊流だけ。
バーベルは持ってないのでパワーブロックで出来ることだけ。
その中でも反動を使うやつだけに興味がある。
本家リアル筋力のだんだん可動域が狭くなるやつはあまり興味がない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。