お笑い芸人の三角筋

年末年始で筋肉系のYouTubeを見すぎて、だいぶ影響されたなという感じ。
彼らはみんな筋肉が見える服装をしているわけで、無駄に上裸でトークしてたりもする。
そう言うのばっかり見てるともう、彼らの体が普通であるかのように錯覚してくる。
そういうのを見た後に、テレビでお笑い芸人が裸になってるのを見るとギャップに驚いてしまう。
筋肉があって当たり前だと思ってる状態で筋肉がない人を見ると、ものすごく不健康に感じる。
この程度の筋肉で日常生活が成立してるのか心配になる。
あっという間に老けて筋力が弱って介護が必要になるような印象も持ってしまった。
誰でも痩せすぎモデルを見ると心配になると思うが、それを一般人に対して感じてしまった。
自分の中で健康な筋肉量の基準が、筋肉系の動画を見すぎておかしくなってるんだろうな。
その中でも特に肩の筋肉量が、鍛えてる人と鍛えてない人で差がありすぎるなと感じる。
鍛えてないお笑い芸人の体型を見て最も気になるのがとにかく肩の形だ。
他のどこを鍛えてなくてもあまり気にならないと思うが、肩だけは鍛えると激変するんだなと感じた。
本当は胸もわりと差が付きやすいらしいが、胸は太ってるだけでも大きくなるもんな。
たとえ太っても肩には脂肪が乗らないのか、あたしの印象ではやっぱり肩だけ差が出るなと感じた。
あたしの場合は好きな種目が腕立て伏せなので、肩のフロントだけはもっこり鍛えられている。
サイドとリアはチューブを引っ張ってるけど、うまく行ってる手応えが小さい。
創意工夫を懲らしつつ肩だけは週4でやってるが、それって週4で出来るほど低強度だという事だし。

筋肉系のYouTubeを見たり、テレビを見たり、鏡で自分を見たりするわけだ。
するとやっぱり、自分の体は前後に厚みが出てきて、左右には広がってない印象がある。
ポージングはしてないので、この場合の左右とは背中の筋肉が前から見えるかどうかではない。
普通に腕を閉じた状態の左右のことで、やっぱり肩のサイドがまだまだなんだろう。
フロントが鍛えられてるせいで丸みは感じるのだが、やはり左右への広さが欲しくなった。

あたしの筋トレは誰かに見せるためにやってるのでもなく、誰かと競う気もない。
見た目はともかく、生活に有用な筋肉から鍛えていきたい。
だからもし肩が見た目にしか影響しない無駄な筋肉だったら、あたしは関心を持たない。
腕立て伏せは好きでやってたからフロントだけ鍛えられ、サイドとリアは不要ぐらいに考えてた。
けどケガ防止のためにリアも鍛えないとバランスが悪くなるって言ってる人がいる。
そしてそもそも三角筋はデカい筋肉であり、カロリー消費を担えるんだと言う人もいる。
だから別に好きな種目ではないけど肩を鍛え始めた。
見た目なんか目安でしかないが、ウェイトを使ってないので見た目しか目安に出来ない。
んで、鏡でみた感じだとまだまだ、フロントに比べてうまく行ってないかなと。
けどそもそも腕立て伏せは好きでやり込んでるから、蓄積分で全然違うのは当然なんだけど。

四十肩的な症状は今のところ消滅しかかっている。
普段は気にならないけどまだあるっちゃある。
けどもはや筋肉痛なんだか四十肩なんだかよくわからない位までにはなってきた。
そもそも四十肩なのかどうかもわからないけど。
なんせ週4で下手な肩トレやってるので、ケガしてるんじゃないかとかも考えてしまう。
ケガするくらいなら低強度で安全にやって、成長は別に見られなくても良い。
ただ、あたしの場合は合法な範囲で薬物を使用してるわけで、その分のアドバンテージは期待してる。
ナチュラルの人には足りないような強度でも、ユーザーなら少しは成長するよってくらいで良い。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。