パートナーエリア縮小について

我が家は高気密なせいか、携帯電話の電波があまり入ってこない。
SoftBankやdocomoと比べて、auが弱いながらも電波が入ってくる。
よって、通話用に使ってる方の電話はau系列であるUQモバイルを利用している。
また、通話以外用で使ってる方ももともとはUQモバイルのデータSIMを利用していた。
そのデータSIMよりも楽天モバイルを使った方が、毎月ほぼ0円でいけるので乗り換えた。
まぁ、だいたいWi-Fiで多く使うから、実際これまで楽天モバイルはずっとゼロ円だ。
そして楽天モバイルはまだ数年はau回線を借り続ける予定だった事も選択した理由の一つだ。
我が家から一歩外に出ると楽天エリア、中に入るとパートナーエリアの表示となる。
SoftBankやdocomoですら微弱で、かろうじてauが少し届くような家に、楽天の電波は入りそうもない。
しかし楽天モバイルは予定を前倒しして早々にパートナーエリアを縮小することになったらしい。
そして昨日、ふと気がついたら事務所でいつもアンテナ最大表示なのに、半分の表示になってる。
事務所は外でも中でも常時パートナー回線で、楽天回線につながったことがない。
その代わりアンテナ表示は常にMAXだったので、強いauから弱い楽天に移行したっぽい。
また、iPhoneにはパートナー回線か楽天回線へは自動で切り替わる機能がなかったはず。
だのに、家でパートナー回線につながってたiPhoneを事務所にもってきて自動で楽天回線になってる。
と言うことはこれは事務所近辺は既にパートナー回線が終了したと言うことかも知れない。
家の近辺もきっともうじきそうなるだろうが、圏外になるんじゃないかと心配している。
あたしの分は別に通話に使ってないし、家でWi-Fiにしかつながらなくてもかまわない。
長男のiPhoneが楽天モバイルだから、どう使ってるかわからんが支障が出るかも。
いちいち切り替えなくても自動で楽天エリアにつながるようになったのは進歩ではある。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。