MCT挫折してカルニチン

あたしは近頃、ミトコンドリアで必要な栄養素を色々とサプリで摂取している。
その中でもユビキノールってのがミトコンドリアの活性を体感出来るサプリだった。
最近は歯茎の調子も良くなってるので、少し高いサプリだが止められなくなってる。
そんなミトコンドリアに関連するサプリの一つとして、カルニチンにも注目してはいた。
昔ブラジルでカルネ=肉って言う言葉を覚えてきた。
リオデジャネイロの露店で毎日マテ茶と肉入りパンを買ってたから、毎日カルネって言ってた。
今でも嫁にカルネって言ってみたら肉だって通じたわ。
カルニチンは肉を食えば摂取出来るらしく、語源でそのカルネのパンを思い出した。
ユビキノールは加齢で減少すると言う点が刺さって、摂ってみたら確かに衰えてた事を痛感した。
それじゃカルニチンも、飲んでみれば加齢による衰えを体感出来るかも知れない。
しかし何でもかんでもサプリじゃきりがないので後回しになっている。
ましてや、カルニチンとアルファリポ酸はセットでダイエット成分みたいな売られ方をしている。
ダイエットをしてこそサポート成分が体感出来るだろうが、ダイエットはしたくないんだよな。
それじゃサプリだけ飲んでも何も体感出来ず、加齢で衰えてたかどうかもわからないのかなと。
しかしこの度、ダイエットではなく血糖値に興味をもってMCTオイルを買っちまった。
そこから関連して調べてたら、中鎖はカルニチンが不要で、長鎖は必要みたいな情報も出てくる。
MCTオイルを調べてたのに、カルニチンに対する興味も非常に高まってしまう。

ここで気になるのは、ほとんどの説明が「体脂肪」にどう関わるかな点だ。
あたしは見た目を良くすることより健康になることが目的なので「肝脂肪」を減らしたい。
肝グリコーゲンを消費すれば肝脂肪を減らせるだろうと考えている。
体脂肪を削りたいんじゃなく、内臓脂肪の特に肝脂肪を削りたい。
けどYouTubeで見てる動画は、コンテストで体脂肪を落としたい人向けな情報ばっかりだった。
そういう系列の動画ばかり見てるからそういう情報に偏るんだけどね。
そいつらはみんな、筋肉を見せるために邪魔な皮下脂肪を落とすことが目的だ。
肝臓でもカルニチンは働いてくれるのかなぁっていう情報は、見てる動画には出てこなかった。
だからズバリの単語を入れてググったら、普通にカルニチンが脂肪肝に効くっていっぱい出たわ。
カルニチンが加齢で不足して内臓脂肪がたまるって書いてあったわ。
まさに今欲しいサプリだなと思ったよ。
けどこれ、ダイエットしないでただサプリだけ飲んでも肝臓には有効なのかい?
皮下脂肪は一切減らなくても、ダイエットしてないんだから全然良いんだよ。
どうやら研究ではダイエットしないでカルニチンを与えただけで脂肪肝の治療になってるようだが。

加齢で減少してるとは言え、そもそもアミノ酸から合成出来る成分だ。
体内にたくさん存在するであろう成分を、サプリでわずかに摂取したところで意味あるのか疑わしい。
そして今でも毎日何かしらのカルネは喰らってるのに、サプリでカルネの成分を摂るのかと。
自称肉好きが肉から摂取出来る成分のサプリを買うのは負けを意味する。
こういう微妙なところではある。

血糖値を気にして、筋トレ前の糖質をMCTオイルで代替すると言うことに失敗したばかりだ。
だから他にどうやって糖尿病にならないようにするか、肝脂肪を消費するかを考えてしまう。
もちろん食事や運動でこれ以上努力を追加したって、やり過ぎたら継続出来ない。
あたしに出来る努力と言えばせいぜいサプリを飲むことくらい。
飲むだけで脂肪が落ちるサプリはないと思うが、肝臓の脂肪に飲むだけで効くならすぐ飲むぞ。
カルニチンが足りてるのに脂肪肝なら、カルニチンを摂取しても効かないだろう。
けど年齢でカルニチンが不足してるのが明らかでなおかつ脂肪肝なら、不足を解消したら効くかもな。
いや、効いてもどうせわからないけどね。
検査して脂肪肝なんじゃなく、自己判断で脂肪肝だ糖尿病だって言ってるだけだから。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。