親指トラックボールの最高峰

ケンジントンのトラックボールを2個買い、2台のパソコンで1年くらい使った。
もう慣れのせいではなく公平な比較として、玉はマウスほど自由には扱えない。
例えばマウスで簡単に字を書くことは出来ても、玉ではほぼ無理。
結論としてはマウスの方が好きと言う事で、マウスに戻る決意をした。
けどしばらく面倒くさがってて、そうしている間に逆に、親指トラックボールを買った。
今回は2個買いじゃなく、1個しか買わなかったのは、あまり期待してないからだが。
ロジクールのMX ERGOっていう一番良いやつな。
一番良いやつでダメなら全然ダメだろ。
トラックボール使ってるやつは、マウスの使い方が上手になれない人だけだと思ってる。
あたしはマウスが上手すぎて得意すぎて、トラックボールでは不自由を感じる。
ただ、その不自由はポインタ操作だけではなく、ケンジントンのボタン数不足もあった。
今回買ったやつはマウスの横に玉がついてる形で、マウスのボタン数が確保されてる。
ケンジントンしか使わずにトラックボールをバッシングしてるので、他も使ってみたい。
しかもちゃんと売れてる一番良いやつを使って、ちゃんと馴染んでから評価したい。
ま、ともかくマウスを買おうと思ってたのに、別のトラックボールを買った話だ。
今までの操作の癖が抜けず、玉を人差し指で触ろうとしたり、ホイールと間違えたりする。
親指でのカーソル移動も大変で、一定範囲を選択するのがまだとても難しい。

ケンジントンの玉は重くてしっかりストップするので、まだ操作しやすかった気がする。
ロジクールの玉は小さく軽く、回りすぎてちょうど良いところで止まらない。
かといって設定で速度を抑えたら、また移動に時間かかるのがストレスになる。
一応速度切り替えボタンはついてるけど、いちいち押す気はない。
ってか、速度調整ボタンがなければ使いにくいと自白してるような物だ。
あれ?「自白」「白目」「白日」まぁいいや。
20度傾けられるのが売りだが、そもそも傾けないと玉が浮いてカタカタする。
もう少し重い替え玉があれば交換したいなぁと思うくらいだ。
よそのメーカーの同サイズ玉を買えばまた違った結果になるだろうか。
ワイヤレスなせいか、動かしはじめの反応もあまり良くないと感じる。
最初は有線で探してたけどろくなのがなくてあきらめてこれにしたんだよ。
これは無線だけど、充電が有線で出来るからつなぎっぱなしで良いなと思ってね。
でもそれってつまり、有線と無線の悪いところばかり共存させてるな。

専用ソフトにインストールを促されるがスキップした。
ケンジントンの時にそれらが何をしているかは確認出来て、必要ないと判断した。
コントロールパネルでの設定以上の事は何も要らない。

こいつも出来れば長く使いたい。
きっとマウスが得意すぎるあたしに満足とまでは行かないだろうけど試したい。
ケンジントンも慣れたらクソが短いクソ程度にはなったんだよ。
しばらくは、慣れない操作にギクシャクしつつ使うだろう。
とにかく今日からだよって書いておかないとな。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。