コウベクでも超えられない

ワサコレのフレマで完凸コウベクを試したが、単体ではあまり強くない印象。
ってか半年前と状況が違い、今じゃSPSブッフォンと比べちゃうんで、勝負にならない。
ブッフォンが強すぎて、かつ、ブッフォンじゃアナライザーされすぎる。
ブッフォンを使わない場合はどれがまだマシかって事であり、過剰な期待はできない。
とは言え、敵に回したら確かに強かったはずなのに、自分で使うとそうでもない。
バイキング染めのハルドーソンとアウクス染めコウベクと、同等くらいに感じちゃう。
ただ、うちの場合はまだ、両SBの限凸と両CBのEX付け替えが出来ていない。
まだもう少し、守備力は伸びる予定だ。
問題は攻撃力の方で、結局ろくな手持ちがいなくてSPSフィンホガソンを使っちゃう。
だったら攻守ともバイキングで染めた方が、フィンホガソンも強くなる。
今はもしアウクス染めで少し守備が伸びても、攻撃が弱くなるから意味ない状態。
守備が伸びるかどうかすら可能性でしかないしな。
せめて手放したモデストを残してたら、もしかしたらアイスランドより強かったかも。
実際、アウクス染めの強い人は攻撃もアウクスかモデストで編成してたしな。
あ、今じゃアウクス染め自体が時代遅れで見かけなくなってるが。
すなわちBLS連携による強化もアウクス染めの強さの一因で、「最新」条件が付いている。
BLSは今月で配信終了だから、最短では今月で最新じゃなくなるって事だ。

最新BLSと言う連携がなくなっても、両輪と要塞網は残すことが出来る。
両SBの眼を解放してなおかつ両輪発動なら、サイド攻撃に対して結構有利になりそう。
要塞網はCFとOMFの飛び道具を封じるが、確率がどの程度なのかによる。

CBのコスト34は他にも代替案を用意してある。
BDRのバシャムとジロットがいるので、コスト34のノーマーカーGKが来れば検討できる。
GCSのルガーニとダニーロがいるので、DMF次第で組織的守勢チームも組める。
これらの代替案を使わずアウクス4バックなら、DMFにマケニー入れてBLS連携。
「最新」じゃなくなったらどうするかを考えると踏み切れない。

アイスランドも最新じゃなくなると連携がなくなって弱体化する。
BLSとどっちが先かはわからん。
アイスランドの後継者になれず先にアウクスが死ぬかも知れない。

と言うことで今月もグランプリはアイスランドのまま、うちはそれが一番強い。
SPLは6枚入手し、一切ダブることなく6種すべて入手したからもういいや。
限凸とRAとプラス選手が欲しいから、そう言うイベントをやって欲しい。
鳳凰杯ミキサーはまたフォメのみ狙って、ネトはベンチ用に使えるかもって程度。
あ、鳳凰杯に出られるのもこれで最後かも知れないんだっけな。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。