カプセルはタップ地獄

ウイコレのカプセルは第一回がクソだったせいもあり、その後はまともに参加していない。
で、今回久しぶりにちゃんと参加してるが、ルールがまずよくわかってない。
そのせいで多少は失敗したが、やってるうちに少しずつなれてきた。
取り返しのつかないこととしては、特効の計算がライジングとは違う事。
ライジングはどんどん重ねた方が特効が伸びるけど、カプセルはほとんど伸びない。
☆4のダブりを2枚ほど損してしまい、少し特効が不利になった。
そこで気がついたからもう重ねてない。
低特効ゆえになのか銅スタチューは次々に埋まり、あっという間にコンプした。
銀スタチューはそもそも狙わず、金スタチュー狙いのはずれで銀が埋まった。
あとはいよいよ金スタチューって所で、ようやく低特効じゃキツくなる。
6回注入しても金の出現確率は40%ぐらいで止まっちゃう。
たぶんこれは特効が高ければもっと確率が上がるんだろ。
金の図鑑を埋めたくても金出現自体が難しく、なかなか図鑑が埋まらない。
青カプセルのレアを出すためにデッキをオランダで染めて、いざ青に全力で注入して銀。
オランダで染めるとか青のレアかどうかって前に、金にならないからアウト。
別に、目的は図鑑埋めじゃなくヒデの確率券を貰うことだからコンプする必要はない。
でもポイント争いでもいかに金を出すかが重要だから、低特効は厳しいんだよな。



そしてあたしは結構重要な勘違いをしていた。
かなりがんばってタップしてるのに、回復薬を減らすペースが遅い。
これはひょっとして、課金勝負じゃなく、タップ勝負だったのか。
もちろん、課金で特効を増やせば少ないタップでポイントを獲得出来る。
ガチャしないで単にイベントのフル回転だけでポイントを稼ぐには、時間との戦いになる。
課金したとしてもタップの時間を捧げなければポイントを稼げない。
すなわち尊敬すべきは、課金額ではなくプレイ時間の方だったのだ。
何万円かの課金でイベントに勝ちたいなら、ガチャを何万円かやる。
イベントを回すだけで何万円分もタップするのは不可能だって。
たぶん一週間じゃ1万円分タップできるやつはいないぞ。

と言うわけで、たぶん全力でタップしても手持ちのプレミアムボールは使い切れない。
何も遠慮することなく、まずは回復薬を全部使い切りたい。
そこからさらにプレミアムボールが残ってるので、なるべくタップしたい。
なるべく全力参加したいけど時間との闘いだな。
そしてタップしすぎは健康との戦いでもある。
右手もヤバいけど、だからって左でやってたら指の皮が薄くてもっとヤバい。
これを月曜までやるのはしんどいな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。