一年以上変更なしのFirefox

たまにFirefoxのアップデートで、あれが出来ないこれが出来ないと混乱する。
この混乱が前回はいつだったかというと、実はもう一年ぐらい経ってたんだな。
去年はTab Mixが使えないと騒いだが、今年はその代替手段が死んだ。
そして、死んだと思ったらググってまた別の手段に乗り換えるだけだ。
中身を確認してないが、CSSでやってたことをJSに置き換えて実装したんだろうか。
以前はもっと頻繁に対応が必要だったが、今回は一年もほったらかす事が出来たんだ。
むしろ今となっては、非公式なことをしてるんだから影響を受けて当たり前と思ってる。
かつてアドオンが非公式なことをしていたが、ある時点でその自由は奪われた。
そして今はアドオンではなく、スクリプトに書いて非公式なことをしている。
自分で書いているのではなく、誰かが書いたのを使っているだけだ。
だから以前のアドオンと同じ感覚。
そのスクリプトで何を書いてるかなんて、親は知ったこっちゃないと勝手に進化する。
親の変更に合わせて、子はスクリプトで対応するって流れが続いている。
誰かに需要があって誰かが作ってるから、あたしはそれを使い回すだけ。
そして、あたしに必要なのカスタマイズは多段タブだけなので、一年も放置出来た。
別に昔のFirefoxに戻りたいとか、たくさんカスタマイズしたいとかではない。
多段タブで使う人の受け皿だけあればよく、出来てるうちはこのまま使うわ。
そのうちどうしても多段タブが出来なくなったら、Chromeに乗り換えだって出来る。
確かChromeはブックマークメニューから既存タブに開くのが嫌いなんだっけな。



たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。