情状酌量はいらない

2018年03月13日 火曜日
Filed under 浮世 | Tags:
1434 letters | コメントする

決まっているルールが、偉い人の気分次第でフワフワしたらダメじゃん。
裁判長がかわいそうと思ったかどうかで、刑が重くなったり軽くなったりしないで欲しい。
弁護士に払ったお金の額で、刑が重くなったり軽くなったりしないで欲しい。
こういう悪いことをしたら一律全員この罰を受けるって決めて欲しい。
きちっとした証拠により罪があるかないかのみ判断し、そこに到る経緯は考慮するな。
と言うのも、欠かさず見てる刑事ドラマで、ちょっと納得出来ないセリフがあったわけ。
悪いことをした人がいても、育った環境が悪いから本人が悪いわけじゃないって話だ。
いや、そう言う事を言ったら、どの犯罪者も環境次第でそうなったわけじゃん。
そしてその話だと親が悪いっていう事を言ってたのね。
だったらその悪い親のそのまた親が悪いんじゃないかという議論になるじゃない。
本人のやったことを本人以外の影響だと考え始めたらキリがないんだよ。
悪いことをしたら環境のせいにしないで本人の罪としてカウントするしかない。
そのドラマに出て来た環境の悪い犯罪者が優遇されて、罪が軽くなるのは不公平だ。
ドラマでかわいそうに演出しないで、環境が悪くない人と同等の罪を与えるべきだ。
そしてさらにこの話は、もう一つの似たようなケースにつながる。



今どきよくあるイジメで自殺した人が、環境が悪くて自殺したって話よ。
確かに、いじめられたんだから環境は悪いよ。
環境のせいで犯罪を犯したという話に納得出来ないのに、イジメなら納得できるかよ。
うん、たぶん日本人の大多数は、環境のせいで犯罪やイジメが起こるって納得してる。
でもそこに納得してしまったら、何でもかんでも本人じゃなく環境のせいになっちゃう。
キリがない。
学校が悪いせいで自殺したなら、その学校を作った世の中が悪いせいじゃないか。
世の中の全員が悪いせいで自殺したのであり、学校の誰かが悪いわけじゃない。
いや、学校の誰かが悪いのも、学校以外の誰かが悪いせいだ。
そこに持っていくのはキリがないんだよ。
犯罪も自殺も、最終判断は自分自身であり、あとから誰かのせいには出来ない。
自殺を強要したってんなら別だけど、追い込んだという話は無理がある。
犯罪に追い込まれたのと、犯罪を強要されたのとは違うだろ。

公平に、きちっと、何をしたらどんな罰と、事情を鑑みないで決めたい。
自分で自分を殺した人も、それによって周りの人が同情して行動するべきではない。
行動させようとしてかわいそうに演出する人もいるんだから。
それが前例になって、この先も自殺すれば誰かが同情して動くと思い込むだろ。
そうやって、自殺した人のために動いたやつが、次の自殺者を増やしてるんだ。
環境が悪いとか言う話をするなら、その動いた奴が悪い。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。