標準カメラに追いつけない

作りかけ
http://wantech.ikuto.com/software/CameraDS.apk



StreakにはiPhone4と同じように背面と前面で二基のカメラが付いているが、
Android SDKが提供するカメラ切り替え機能はバージョン2.3からなので、
まだバージョン2.2までしか出てないStreakではフロントカメラを利用することが出来ない。
いや、出来ないはずなのに標準のカメラアプリはこの二つを切り替えて使用することが出来るし、
他にもビデオチャットアプリとかで対応してる物もあるらしい。
OSがサポートしてないハード機能を直接動かす手段があるんだろうけど、ググっても全然出てこない。
方法を探してるひとは見つかるが、答えは見つからない。
素人としては2.3対応を待ちたいところだが、この機種は2.3に対応しないんじゃないかという噂もあり、
そうすると永久にフロントカメラ対応アプリが作れない。
標準カメラ以下のものしか作れない。

カメラが作ったJpegデータをそのままファイルに保存するとEXIFの日付が2002年になってる。
だからって別に何か支障が出るわけではないが、標準のカメラがちゃんとした日付を保存してるんだから、
それに倣ってちゃんとやっておきたい。
で、やっぱりネットでサンプルコードをコピペしたんだが、いったんBitmap型にデコードし、
再エンコードする形で保存すると日付データがバッチリうまく行く。
しかしこれをやると、カメラモデル等のEXIF情報が削除されてしまう。
ほいで、間違った日付のままいったん保存しちゃって、あとからそこだけ修正するようにした。
iPhoneのカメラアプリでは、アプリ名もEXIFに保存してるんだが、Androidではまだ対応してないようで、
カメラ名やメーカー名を入れるべき所にアプリ名を入れちゃうのが一般的なようだ。
また、標準カメラは端末名を書き込んでるが、SDKではたぶん部品としてのカメラ名を返してるみたい。
メーカーがQCOM-AAでモデルがQCAM-AAって、これQualcommの製造したカメラ搭載ってことでしょ。
この辺はカオスっぽいので、標準に倣わずお好みで入れておこうかと。

アプリ名はようやく設定することが出来て、「カメデス」ってことにしたのだが、
パッケージ名は相変わらずCameraDSから変更することが出来ないでいる。
アイコンも作ろうと思ってる。
Streakように決め打してた数字を環境に合わせて検出する仕様に変更することで、
なるべく多くの端末に対応し、マーケットからもダウンロード出来るように目論んでいる。
ただし、将来的にも標準カメラ以下の機能しかないカメラアプリでしかないわけで、
公開したからって誰も得する物ではない。
尤も既にあたしにとってはこれがスタンダードであり、他のじゃ手ぶれ防止が思い通りにならないからダメ。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。