電話のバックアップ

携帯電話にmicroSDカードを入れるのが当たり前になってからは、写真を本体に保存してないし、
電話帳もコピーしてあったし、たとえ突然の水没で機械がダメになったとしても、
修理しようが別機種に乗り換えようが、データを持ち越せる安心感があった。
Androidもたぶんそういう仕組みだと思うが、iPhoneだけSDが使えないって事が特別に不便だ。
iPhoneは全て内蔵フラッシュなので、たかが電話のクセにパソコンとつないでバックアップしなきゃいけない。
それも、ただパソコンにつないでも認識しないので、iTunesと付属ドライバをインストールしなきゃいけない。
アプリの設定も保存するならパソコンを認証しなければいけない。
そこまでやってもまだ自由なバックアップは出来ず、iTunesの全自動な動作に何度か痛い目にあいつつ、
様々なデータを失いつつ挙動に慣れて、まぁまぁ普通に使う限りはバックアップには事足りる。
ただし、iPhone以外への買い換えには一切対応しないバックアップなので、
壊れたら直すか、また次のiPhoneに買い換えるつもりじゃないと、バックアップしたことにならない。
やってみてないので、買い換えてもバックアップを引き継げるかは知らない。
壊れることを想定する以外にも、ファームウェアアップデートの時に全て消去する仕様のために、
必ずアップデート前にiTunesでバックアップし、そのままiTunesでアップデートし、iTunesで書き戻す。
写真や電話帳やアプリをSDに退避できさえすれば、本体のフォーマットぐらい屁でもないのに、
SDがないという仕様のせいで、iTunesでのバックアップに頼らざるを得ない。



詰まるところ、iPhoneに足りないのは外部フラッシュメモリだ。
SDが使えれば他にバックアップはいらない。
今までも電話は写真なり電話帳なりをSDに入れるだけだったし、これからもそれで十分だ。
それが出来ないからiPhoneはiTunesが必要で不便なんだ。
SDに対応すればAndroidより良い所の方が多くなるんじゃなかろうか。
と思ってるけど、おそらくアップルで出す限り、設計思想上の問題で断固としてSDを付けないんだろう。
だからiPhoneは将来もずっと不便なままで、どうアップデートしても解決されない。
でもiOS5からはアップデートの度にフォーマットしないはずだから、少し問題は解決される。
といっても、SDがないからアップデートの度にバックアップを気にかけなきゃいけなかったんだから、
その解決がフォーマットしないことではなく、SDにデータを退避できることにすればなお良い。
でもアップルだからそれをやることは将来もない。
それがダメ。
結局iOS5になっても時々は写真をパソコンに退避させなきゃならず、
その時のためにiTunesとドライバを削除できず、どうせ削除しないならiTunesで同期もする。
それじゃ何も変わらない。

こんなダメなiPhoneだが、日本ではAndroidより料金やサービスで優遇があるおかげで、
現時点では、少なくともケチな使い方をする人にはiPhoneの方がまだちょっと便利だろう。
iPhoneがアップルである以上、デバイスの根本的な不便さは解消されないので、
将来Androidの料金やサービスがiPhoneと同等になればAndroidにするべき。
いや、使ってみてないのでAndroidはまた別の使いにくさがあるかも知れないが。
と言うわけなので、2年後の買い換えの時、またiPhoneかも知れなくなってきた。
絶対嫌だったのに。

あと、しばらく試しにiPhoneを裸にして使ってみたのだが、いわゆるデスグリップが発生した。
本体の左下部分に直接触っていると、電波状況を示すバーが消えていき、ゼロになるのを確認した。
左下を触らないように持てばいいらしいが、対角線となる右上にはカメラがあり、
左下を気にかけているとついつい右上のカメラに直接触れてしまう有様。
自由に持つ事も出来ない不便さに耐えかねて、結局は何か装着するしかなくなった。
そこへちょうどダイソーに行ったら、iPhone用とギャラクシー用のシリコンプロテクターが売ってた。
白が欲しかったけどなかったので青を買った。
耐衝撃と言う事は全く考えてないので、ダイソーだから質が悪いんじゃないかとかは気にしてない。
目的はデスグリップ防止とカメラ部分に段差をつけて触らせない事だから、完全に達している。
すごく気に入ったがやはり白が欲しいので、別のダイソーも回ってみようかと思う。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。