ぶら下がり健康器

1398 letters | 1481 views | コメントする

小さい頃はうちにも黄色いぶら下がり健康器があったので、毎日ぶら下がった時期があった。
懸垂じゃなく、ただぶら下がるだけだったけど、最初は数秒でギブアップしてたのが、
だんだん長くぶら下がれるようになって、いつしかタコも出来たくらい、なぜか良くぶら下がってた。
もちろん懸垂は出来なかったし、やろうという発想もなかった。
そして、いつの間にかやらなくなり、いつの間にか家で見かけなくなった。
タコはその後のチャリ通生活によって維持され、大人になってからなくなりかけている。
そんなわけで、昔あったけど今はないぶら下がり健康器が欲しくなった。
いや、ずっとずっと欲しいとは思ってるんだけど、スペースの問題があって二の足状態。
特にここ数年は筋トレをやめそうにない生活習慣になってるから、懸垂できるやつが欲しいと思ってる。
そこへ最近気になってるのが、たまに来る腰痛なんだが、マッサージ見たいな事をされたくないので、
噂では自重で毎日少しぶら下がるだけで改善する人もいると言う事が気になる。



スペースの問題ということで、どこでもマッチョという、ドア部分にひっかけるような棒も気になった。
二種類でてるようだが、どっちも家には使えそうな場所がない。
唯一、階段にならストレートタイプがぴったり付けられそうだが、もちろんそこに付けるのは危ない。
自分だけ使うなら危なさを警戒することは出来るけれども、子供がマネしようとしたら階段はマズい。
それで、もう普通にぶら下がり健康器にしてしまえば、なんせ自分でも小さい頃親しんだんだから、
子供がいても安心して家の中に置けるなぁと思った。
いや、そうは言っても現状で置く場所はないんだが。

置く場所がないからと言って、車庫とかに行って貰っちゃ話にならない。
あたしにとってこう言う類のものは、続けられるかどうかってのが最大の関心事で、
続けるためには便利な場所に置かなきゃいけない。
ぶら下がりのためなら本棚を一個あきらめるくらいじゃないといけない。
いや、どれをよせるとしても、あきらめるのはあたしじゃなく嫁になるけどね。

どれが良いかとかよくわからないけど、どれでも良いと思ったので、全く調べもせず、
懸垂用で安いやつをAmazonで選んだら1万円くらいであった。
まぁこれで十分だろう。
はっ、まて、ずっと使うならもっと高いやつを選べば良かったか。
安いやつを買ってしばらくして、高いやつに買い換えたくなって、安いやつの処分に困る未来が見えた。
でも高いやつを買って、邪魔だからとかでやらなくなる未来も見えるし、まぁいっか。
ダンベルだって、せっかく良いやつ買ったのに、子供が遊んで危ないから片付けちゃったしな。
どうなるかわからないからとりあえず安物を。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。