通販の美女

1727 letters | 992 views | コメントする

あたしは白人のノッポな美女に全然興味がなく、日本とか東南アジアのチビ女に欲情する。
しかし最近のその例外を感じるのは、通販で売ってる運動器具を紹介する白人の美女だ。
いや、顔が美しいかどうかはよくわからなくて、あたしは美女と呼ばれる人々はことごとく好みじゃない。
だから、あたしが誰かを美女呼ばわりするときは、それは性的に受け付けてないって事の表れだ。
もちろん通販の美女も外人なだけでアウトだし、自分の感性で美しいと思って言ってるわけではない。
ただし、彼女たちの特に太ももの筋肉に対して、どうしても惹きつけられてしまう。



運動器具を紹介する白人美女の肉体は、ただやせてるだけじゃなくて筋肉があるのがいい。
それに比べて運動器具を試して仕様前後の体重をレポートする日本人女性の体の醜さ。
やせる前が醜いんじゃなく、やせた後も白人美女のようなムキムキになるわけじゃないので、
細いのにぽよっとして、無邪気に運動器具を使ってる様子の貧弱さが哀れに感じたりする。
自分で筋トレを始めたせいで、遂に女の体も筋肉を先に見るようになってきたんだろうな。
体だけあの白人美女達のような、中身はチビ日本人な女が手元に一体は欲しいわ。

ずっと前にスポーツ店でレッグマジックに乗ったことがあるくらいで、他にやったことがないので知らないが、
あの白人美女達の肉体は、その宣伝してる運動器具じゃ絶対作られないだろ。
ジムに行く必要がないなどと宣伝してるが、こいつらはジムで作った肉体で宣伝しとるがな。
あの運動器具では日本人の体験者ボディにはなるけど、白人美女のボディにはならないだろ。
おそらくあの人達は、通販番組では楽ちんに商品を紹介しているが、
普段はジムでバーベル担いでスクワットしたりして、下手したらあたしよりパワーがあるのかもな。
なんせ彼女らはプロだし、素人の男ぐらい軽く超えてる可能性はあるんだが、
そこまでしなきゃたぶんあんなに、あたしが惹きつけられる太ももにはならない。
トレーニングに相当本気だと思うが、本気すぎて引くほどやらないと、女で格好良くはならないと思う。

日本ではやせることをメインに売ってるが、現地じゃムキムキを目指す運動器具として売ってるはずで、
やせるために売ってる場合はモデルがやせるかどうかのVTRを見せるはずだし、
ムキムキ美女をモデルにして売ってる現地じゃ、そもそも最初からやせる機械じゃなかったはず。
やせる機械じゃないものを日本でやせる機械として売ってることにはちょっと違和感がある。
特に部分痩せは当然という風潮があるみたいで、お腹に効く物はお腹がやせ、
お尻に効く物はお尻がやせるという事は、特に説明しなくても言わずもがなの話になってる。
登場する専門家がお腹に効くと言えば、お腹の筋肉を刺激できるという意味で言ってるのに、
お腹の脂肪を減らせるという意味に置き換えて解釈してるんだよね。
足に効くと言えば足の脂肪が落ちるって意味にされちゃってるが、これって日本独特のはず。
美女はモモに効きますと言ってムキムキをアピールし、醜女はモモに効きますと言ってサイズを測る。
VTRで白人が出てきたときと日本人が出てきたときの雰囲気の差が非常に気になった。

脂肪なんか病気でも落ちるんだから、やせただけじゃ死にかけてるのと一緒であって、
筋肉が発達した生命力を感じる女性と繁殖したい。
もともと好みじゃない白人のしかも美女に興味を持ってしまったのは、繁殖したい本能のせいかも。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。