サプリのバージョン

NSIのマルチビタミンにはバージョンが書いてあり、何度か新しくなった歴史があるのだろう。
時代と共に、どんな栄養素がどれだけ必要かとか、またはどこまでで過剰摂取かの基準が変わり、
それにあわせて成分のバランスを調整するというのは、特にマルチビタミン製品には必要だと思う。
単体ビタミン製品であれば、常に自分に必要な分を各個人が調節して飲めばいいことだが、
マルチだと成分バランスを消費者が決められないわけで、メーカーでちょうど良く配分して欲しい。
実際の所、何を多く摂取したいか、何を少なく摂取したいかというバランスで商品を決める事になる。
メーカーごとの個性を出すのも良いけれど、やはり過剰摂取にならないための上限とかは、
時代の変化とと共にバージョンアップで対応していくべきだ。
しかし、NSI以外のマルチビタミンにはバージョンが書いてないようだし、
他のメーカーでも時々成分バランスを変化させてるのか、それとも一度売り出した商品は普遍なのか、
大変気になるところ。



逆に、バージョンアップしたはいいが、前のバージョンの方が好きだったというニーズがある場合はどうか。
おそらくビタミンの場合は、成分を調整するとしたら、多すぎるか少なすぎるかしかないんだから、
成分が変更されたら今までの方が間違っていたんだと納得し、新しい正しい分量を受け入れると思う。
でもそれ以外の、わかってて過剰摂取してる物が過剰摂取出来なくなったり、
微量に含まれる気休め成分が効果がないと判断されて省略されたりすると、前バージョンが恋しくなる。
ホットロックスもしょっちゅう予告なしに成分変更してるようだし、
ギャスパリのハロドロルやリーガルギアの疑似プロホは、名前が同じ全くの別物が出てたりする。
その成分変更に、ショップサイトの更新が追いついてなくて、欲しくない物を買ってしまう場合もある。
バージョンアップしたらバージョンを書いて売らなきゃダメだし、別物だったら商品名も変えて欲しい。

商品名を変えてものすごく種類が増えちゃってるのがオプチのプロテインだ。
ホエイだけでも、スタンダードとかナチュラルとかクラシックとかあって、違いがよくわからなかったり、
ホエイ以外にもいろいろあったり、ブレンドしたやつもたくさんありすぎる。
日本に安く輸入できる製品に限るとあまり種類はないのだが、オフィシャルサイトではすごい種類だ。
プロテインに関しては、どれかが古いやつで、新しいやつの方がオススメって事はないらしく、
古いやつが欲しい人は古いやつを買えってことで、こういうラインナップになるんだろう。
別に新しいやつが必ずしも優れていると言うことはないが、
新製品を見て、これからはこういうのが主流になるかも知れないなという、時代の流れは感じる。
特にオプチ製品では、吸収が速いハイドロホエイと遅いナイトロコア24が出てきて、
速くも遅くないホエイは、トレ後向きでも就寝向きでもなく、微妙な存在になっていくのかも。
初心者は用途のわかりやすい物を高く買い、上級者だけが安いホエイを使いこなすみたいな。

新しいデザインのサプリの方が、最新の情報に基づき必要な物を入れてるだろうと予想できるが、
新しいナイトロコア24にはオメガなんたら脂肪酸が含まれ、最近はそれが必要だと考えられているのか、
あるいは単なる流行りで、入ってても全然意味がない物なのかはわからない。
要らない物だとしたら、将来は入ってないバージョンが出るかも知れない。
逆に要る物だとしたら、他社からも入ってるバージョンが出るかも知れない。
一応今は、一番新しいデザインでこれにしかそう言う物が入ってないという点も考慮し、
次に買うのは、他の混合プロテインではなく、新しいナイトロコア24しか考えてない。
ビタミンも、新しいやつが出れば新しいという理由だけで、その新しいやつを買うと思う。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。