結腸でサドンデス

どうも辛い物好きの人は、より辛い物に挑戦したがる傾向が強く、気にくわない。
おいしさを犠牲にしてまで辛くするのは、おいしさがもったいない。
あくまで辛さは、おいしさの要素の一つであって、必要以上にチャレンジする物ではない。
もちろん、辛さの感じ方には個人差があり、どこまでの辛さがおいしいのかはそれぞれが決めることだ。
すごく辛いのがおいしいと感じる人向けのチューニングに、ちょっと辛いのが好きな人はチャレンジするなよ。
本当に辛い物が好きなら、自分にとってどのくらいの辛さがちょうど良いかもわかっているはずだ。
自分がおいしいと感じる辛さも知らずに、ただ辛い物にチャレンジするフリークは、
辛さをおいしさとして楽しんでいない、ただの辛さ中毒なので、料理がもったいない。
ちゃんと辛さを満喫していれば、最低でもおいしいかどうかぐらいわかるはずだ。
チャレンジはやめて、自分にとってのおいしい辛さを知り、辛さ中毒は卒業して欲しい。
もっと快楽が欲しければもっと刺激を強くすればいいという発想はさっさと捨てろ。



ということで、チャレンジではなく、本当においしくて、サドンデスソースを何にでも1滴入れたがっている。
たぶん、その5倍くらい入れれば、あたしにとってはチャレンジにあたるが、もったいないからしない。
1滴でも汗とか鼻水が出ちゃうくらい辛く、しかも入れる前のおいしさを損なわず、
今のところ、理想の辛いタレとして定着している。
もし将来スーパーで売ってなくなっても、ネットで買える世の中なので大変便利だ。

その、サドンデスで辛くした食べ物が消化され、大腸まで降りてきた時の感覚が、最近は心地よい。
初めて体験した時は、口の辛さもビックリ、大腸の辛さもビックリで、わけわからなかったのだが、
慣れてくると、この感覚があってこそ、健康に消化されているなと満足感が得られる。

辛さの刺激がないと、食べたものがどこまで到達したかなんて当然わからない。
わからないから、もうすぐウンコとして出される状態になって、ようやく便意として認識する。
これに対して、サドンデスを1滴入れた物を食べると、便意が来るずっと前に、腸に来たことを認識できる。
すると、今までいかにウンコの製造に気がつかずに体内にためこんでいたかがわかる。
ウンコが出来てるって事に早く気がつき、なるべくためこまずにさっさと出そうという意識が高まる。
もし、辛さによる刺激に腸が負けて、何か異常を来すならやめた方が良いが、
そうでないなら、むしろサドンデスは健康に良さそうな気がしている。

別に辛さにチャレンジしてはいないが、腸の快感がクセになってるので、そういう意味では辛さ中毒。
バカ舌連中と同類。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。