R4

2475 letters | 710 views | コメントする

もうマジコンは買わないって決めたのに意志が弱いなぁ。
http://gamebank-web.com/ec/store.asp?code_syosai=433440
いつも買ってる店に新製品が入荷すると注文しちゃうクセでも付いたのかな。
ちなみにコレ、最初から安くて使いやすくて性能が良くて、良い噂しか聞かないけど、
あたしの好みではなかったから全然無視していた物で、買うつもりはなかった。



ところがなにやら、半田付けでいろんな事が出来る面白グッズらしいじゃないか。
http://wiki.7mc.org/nds/wiki.cgi?page=R4
一番安い中国語版を買って、2カ所半田付けすると、一番高いM3日本語版になるらしい。
一番安いのを半田付けしてからオークションに出す人とかいそうだな。
半田付けして別の物に変えるメリットは何なのかというと、
どうやらM3は日本の公式サイトがあり、日本語化されたOSを提供してるのだが、
それをインストールするためには本体を日本語版にしてやらないといけないんだそうだ。
ちょっとぐらい高く買っても良いなら、最初からM3の日本語版を買えば半田付けの必要などない。

しかしSCDSにも言えることだが、どうせ日本語版より英語版や中国語版が先に更新されるなら、
半田付けしてでも英語版か中国語版に改造した方が後々いいんじゃなかろうか。
それにもし、英語版なせいで操作がわからなかったり使いにくかったりするくらいなら、
新型なんか買わないで、雑誌でも使い方が書いてある旧型を買うべきだろう。
そういった意味では、使いにくい上に更新も遅いSCDS日本語版はマズかった。
結局あれは、到着した日に数本のゲームを起動確認してすぐ箱にしまった。
いまごろNinjapassと義兄弟になって、闇の世界でアップデートを待っている事だろう。

さて、今回注文したR4には何を求めているかという話だ。
あたしゃコレクターになるつもりもマジコンサイトをやるつもりもないので、それ以外の理由がある。
X9には、あやしいブツの先行人柱体験を最も期待していた(無理だったが)。
AceKardはX9と同じ方向性でさらに突き詰めた仕様だったから興味がわいた。
実際の所、その方向で一定の成果を上げたAceKardに比べ、X9は中途半端で要らなくなった。
SCDSは、AceKardと同じ方向性と古いSCでの実績との共存に期待した。
AceKardと同じ方向性では、独自FSを開発実装したAceKardに勝てるわけがないが、
古いSCと同じ質の良いパッチ技術を持っていれば、AceKardを超えられるかなと期待した。
しかしそのパッチではいきなり常識力が動かず、なによりOSが使いにくくて最悪だった。
そこでR4だが、こいつに求めるのは使いやすさのみ

あらかじめパッチしておくタイプでもなく、パッチのかわりに手動設定するわけでもないR4は、
その分の手間を機械に全自動でやらせてしまうという、マニアうけしない仕様となる。
プラモに例えれば、組み立ても塗装もやらせて貰えない完成品に愛を感じないのと一緒だ。
その上、全自動でいつ仕事してるか考えれば、動作にハンディキャップがあるのも自明。
理論上、AceKardほど完璧に動作することはあり得ないし、パッチ式には速度で劣るはず。
そういうマイナス点がごく些細な程度であれば、犠牲にして使いやすさを求めない事もない。
マニュアル車をもっていて、オートマ車も欲しがるようなものか?

使いやすそうといえば、DS-Xがすごく使いやすそうだが512MBじゃ狭くて手が出せない。
OSを入れなきゃいけないことと、MicroSD選びがあることで、DS-Xほど手軽ではなく、
動作互換性ではAceKardにも旧型SCにも劣るだろうけれども、
ぶち込むだけでパッチもセーブリストも必要ない、やさしいマジコンが一つは欲しい。
今三つマジコン持ってるけど、そのうち二つはAceKardにかなわないものだから、
実質はAceKardしか持ってないのと何ら変らない状態だ。
だから、AceKardの弱点である使いにくさを完全に克服した、対極のマジコンが欲しくなった。
それが今回注文したR4であって欲しいな。
来て見なきゃわからないけど。

もし使いにくかったら、AceKardには何者も勝てないと言うことでおしまいかな。
もし使いやすかったら、AceKardが面倒な人のための最期の砦になるんじゃないかな。
どっちにしろ、最強の一角はAceKardなのは変わりない。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。