検索結果

キーワード: ‘暗記’
2029 letters | 706 views | コメントする

 昨今の日本が外国ともめている多くの事案について、丸っきり日本の二枚舌が原因で、日本が全面的に悪いと思えることが多くて非常に残念だ。先日はまた捕鯨の件で残念だとか言ってるけど、調査できなくなるのが残念ではないじゃん。クジラを食うという文化を守りたいがゆえに、建前上の調査捕鯨をしていたために、その調査捕鯨がダメって言われることがすなわち文化を守れないことにつながって残念なんでしょ。クジラを食うことは以前から既にダメなのであって、ダメって言…続きを読む

 以前キュービックルーマンに影響されてネットでやり方を調べて、覚えて6面揃えられるようになったが、しばらくやらないでいる間にすっかり忘れてしまった。ツクダ式は少ししかやってないから当然だけど、見ないで出来るようになったはずのLBLさえ出来なくなってる。一面揃えるくらいは手順とか関係なしに認識だけで出来るだろう。次に真ん中の段を揃えるってのは頭が忘れてても手が覚えてて出来た。あとは上の段を揃えるだけってところでもう何にも思い浮かばない。仕…続きを読む

1362 letters | 808 views | コメントする

LBLの簡易版を身につけたが、繰り返しやってもやっぱり3分くらいかかってしまう。 もっと速く作るためにもうちょっと難しいやつを覚えようと思うと、そこから先は覚えることが一気に増える。 まず、今までは青で完全一面と側面の一段を揃えてから二段目に向かっていたが、 一段目と二段目を一気に揃えるための、状況に応じた数十のパターンを暗記しなければいけない。 素人は一個を目的の場所に持っていくが、二個を一気に目的の場所に持っていく方法が登場する。 …続きを読む

1131 letters | 1229 views | コメントする

ツクダ式は簡単だけど遅いらしいので、もっと速いLBLを習得しようとネットで調べる。 LBLは最もポピュラーなやり方らしく、ネットで出てくるやつはみんなLBLばっかり。 でも各サイトで説明がわかりやすかったりわかりにくかったり、図が紛らわしかったり、 やりながら覚えるためにサイトナビゲーションがうまかったりなど、いろんな差があって、 あちこちのサイトを見ながら一番意味がわかるところに徐々に落ち着き、 そこのサイトを見ながら何度か揃え直して…続きを読む

1341 letters | 1973 views | コメントする

ルービックキューブを買ったら解き方の紙が付属していて、その通りに3回ほど揃え直すと、 簡単なのでやり方を覚えて何も見ずに揃えられるようになる。 さらに数回繰り返すと初出のパターンにも遭遇したりし、対処法を再確認して覚えていったら、 もうどんなにバラバラにしても5分もあれば揃えられるようになった。 ここまで数日かかるだろうと思ってたのに意外に楽勝。 こんなに簡単に6面揃うなら、悩み抜いて研究して3面揃える気はもう起らない。 あたしが習得し…続きを読む

子供が安物のルービックキューブを手に入れたのだが、揃える係は当たり前のようにあたしだ。 軽いしすぐ壊れそうな予感はしたんだが、やっぱりすぐ壊してしまった。 オリジナルのやつは無理な力を加えてもパーツが外れるだけで壊れない材質だったが、 安物はプラスチックが薄いし、弱いところで欠けてしまってあっという間の寿命だった。 頑丈な本物に慣れたせいでついつい乱暴に扱ったという事もあるかもしれないが。 安物を壊して安物で弁償したってどうせまたすぐ壊…続きを読む

1840 letters | 856 views | コメントする

あたしは丸暗記が相当得意だったので、地域で最も頭が良い高校に行ったのだが、 そう言う高校では空手部と言えどもメチャクチャ頭が良い人がそろっている。 そこの鬼コーチが正拳突きをしながら「スピード×力はパワーだ」と言った件について、 そのメチャクチャ頭が良い空手部のみんなで隠れて笑ったりマネしたりしていたので、 もう一生そのフレーズは忘れられないんだけど、最近筋トレ関係の本で何度か同じフレーズを聞いていて、 バカにしていたんだけどどうやら一…続きを読む

1700 letters | 1087 views | コメントする

最近は家での自由時間を全て、筋トレと踊りに費やしているので、 囲碁は事務所で暇を見つけて読書するくらいしかやっていない。 読書の目標はやはりヒカルの碁に登場した名門囲碁部の訓練方法に従い、1問10秒の早解きとする。 1問10秒で出来るようになるために、同じ本を何度も繰り返しやって答えを覚えてしまい、 覚えた答えを思い出すだけの状態にしても、まだ10秒以内で解ける問題は少ない。 暗記した答えは一瞬で思い出すが、それが正しい事を確認している…続きを読む

1969 letters | 2170 views | コメントする

最近のマイコミ囲碁文庫は、月刊碁学って書いてるやつが毎月出ている。 その中でも天下五目は大変気に入ったが、碁の戦術は全然気に入らなかったので、 月刊碁学だからと言う理由では、買うとか買わないとかの判断基準は考えていない。 ナントカ対照表は黒番統一で読みやすいが、死活も攻め合いもヨセも一冊で扱っているせいで、 どうしても、同一ジャンルの問題だけを大量に集めた問題集よりは、まとまりがなくて勉強しにくい感じ。 棋力開発テストは買っていないが、…続きを読む

1567 letters | 1836 views | コメントする

12月はみっちりと新垣武の死活だけを何度も何度も繰り返し読んだ。 そして、正解手順に関してはわりと暗記した。 完璧にではないが、それなりに暗記する程度までは繰り返した。 それでも、一日に40問くらいやるのが精一杯。 全227問をやるには1週間ぐらいかかってしまい、次の週にはうろ覚えになっている。 どうにかして、この本を一日で反復できるようになりたいし、そうしないと身につかないのだが、 こればっかりずっとやってたらもうしばらく死活はやりた…続きを読む

956 letters | 1434 views | コメントする

現在、棋譜を見なくても最後まで並べられるのは13局。 初めて見る棋譜を覚えるのは簡単だが、覚えた棋譜を忘れないでいるのは難しいので、 どれだけ多くの棋譜を忘れずにいられるかということにチャレンジしてきたわけだが、 13局でかなり限界を感じた。 特に最初の4手くらいが思い出せない事が多い。 なぜ星に打ったか、なぜ小目に打ったか、なぜこっちの空き隅か、なぜここのカカリかと、 最初の数手はそこでなければいけないような理由が希薄。 数手打った時…続きを読む

1387 letters | 1224 views | コメントする

新垣武の実戦に役立つ死活反復トレーニングに、ようやく一回ざっと目を通した。 レイアウトがバラバラなので、蛍光ペンで正解図に印をつけたり、 正答が複数ある物は複数あると書いておいたり、手番の誤植を直したりした。 基本形は50個だが、それぞれについて3問~12問出題し、合計227問。 ただし、1問目の続きを2問目で確認するだけの物も多いので、227問よりやや少なめという事にしても、 それでも、少なめの詰碁集と比べて倍のボリュームがあるって感…続きを読む

1618 letters | 1257 views | コメントする

新垣武の実戦に役立つ死活反復トレーニングを買った。 中程にあるコラムに、碁の本はたくさん出版されているが本当に必要なのは数冊だと書いている。 すなわち、この本は本当に必要な数冊となるべくまとめられているのだ。 ともかく、今は詰碁の早解きみたいなことに興味がある。 しかも、答えを知ってる問題で手順の確認を行うくらいしか出来ないほど短時間の早解きだ。 初手をいろいろ試してではなく、ぱっと見てすぐ思い出して納得して10秒を目指す。 これをやる…続きを読む

1441 letters | 1716 views | コメントする

基本死活 虎の巻にようやく一通り目を通し、すぐ二周目に突入した。 石田芳夫のいちばんわかりやすい実戦詰碁はもう繰り返しすぎて、暗記した手順を確認するだけだが、 それでも一時間近くかかっていて、もう飽きてはいるけどその時間短縮を目指している。 この二冊は、基本死活と実戦詰碁でタイトルが全然違っているのに、問題はかなりダブっている。 実戦詰碁の方には、初段・1級などと書いてあって、基本死活の方の簡単な問題とダブる。 すなわち、基本死活は簡単…続きを読む

1733 letters | 2028 views | コメントする

なかなか気に入ったのでもう少し褒めておこう。 こいつは基本死活を詰碁スタイルで体系的に学習できる本だ。 詰碁スタイルでない本とか、体系的でない本はいろいろあるが、両立している所が特徴だ。 ヒカルの碁では詰碁を1問につき10秒以内で解くというトレーニングが登場する。 それをマネして実際にやってみると、初めて見る問題では初手を探すところからなので、 いくつかの初手を試し、その応手をいろいろ考えて、うまく行きそうな候補を検討して答えを出してい…続きを読む