自重版フロントレイズ

最近は腕立て伏せで脇を締めて、腕を前後に動かす意識でやっている。
ダンベルで言えばフロントレイズをやってる感じで肩にも効かせたいので、動きを近づけた。
それのせいかもしれないが、むしろ三頭筋が先に疲労して限界を迎える。
そもそも筋トレを快楽目的でやってる身としては、腕より胸と肩の方が痛めつけた満足度が高い。
腕だけが限界で、胸と肩が元気なままじゃ物足りない感じになってしまう。
物足りないからってもっとやろうとしても、腕がダメになってるから胸と肩にあまり効かない。
そんな状況の苦肉の策として、もう肘を床についてやっちゃおうと言う発想が生まれた。
脚はベッドの上に載せてデクラインプッシュアップの姿勢だが、肘はプランクの姿勢だ。
プランクのやや負荷を増したような状態から、腕立て伏せのように体を上下させてみた。
そしたらバッチリ肩と胸だけ疲労し、三頭筋を使わない自重運動が完成した。
デクライン肘立て伏せとでも呼んでおくか。
調べてみたら似たようなことをやってる人はいるけど若干違うかな。
物置にあるダンベルを出してくればこんな工夫はいらないし、適切な重量調節も可能になる。
けど生活スペースが狭くなるから使ってないわけで、自重に強いこだわりがあるわけではない。
それに本来は見た目のためにやることを快楽のためにやってるから、他人のやらないことをしちゃう。
腕立て伏せにフロントレイズの効果を期待するんじゃなく、普通は両方やるべきだ。
でも誰かのマネより自分なりの工夫の方が面白くて継続につながるから、今後も変なことを求める。

ぶら下がり健康器にプッシュアップバーとして使える取っ手がついているわけだ。
しかし自分で書いたこの日記によると、あたしはプッシュアップバーを使うと手がしびれるらしい。
そうそう、そういえば最近また手がしびれる事が気になってたのよ。
やってる最中じゃなく、その日の夜とかにゴロゴロしてアニメ見てる間にしびれてくる。
しかも両腕ともで、特に指先の方だ。
日記を読む前は、筋トレすると腕がしびれるっていう曖昧な記憶しか思い出せなかった。
が、実際に昔も今もプッシュアップバーを使ったときにしびれている事が確認出来た。
もしかしたらプッシュアップバーを使わなくても高強度な腕立て伏せでしびれるかも知れないが。

あと昨日はどうしてもタバタ式が気になってアプリをダウンロードした。
階段で1段飛ばしの踏み台昇降を4分間やってみたが、たぶん負荷はちょうど良さそう。
右から上がったり左から上がったりをセットで分けられるし、今後もやりたくはなった。
ただし階段が結構ドタバタうるさいし、筋トレと別の時間にやろうとすると習慣化も難しい。
これは定着しないかも知れない。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。