注意してても人を殺しちゃうものか

高速道路の追い越し車線に停車するのは危ないってのは元々わかっている事だ。
でもどのくらい危ないかについて、あまりにも考えてなさすぎ、省略しすぎだと思うのね。
例を挙げるならば、ホームから線路に人を突き落としたら、電車が来て人が死ぬ。
ほぼ死ぬわけで、突き落とした人は殺人罪だろう。
では追い越し車線に他人を停車させる行為も、ほぼ死ぬ殺人罪で良いのだろうかと。
殺人罪で良いなら、危険運転致死傷罪を使う必要性はないよな。
電車と同じくらい、線路と同じくらいマストダイなら、停車させただけで殺人罪。
でも危険運転致死傷罪を争うことになったのは、電車や線路ほどは危険じゃないからだ。
あ、もちろんあの事件の話ね。
この人がこの人を殺したという裁判で、なぜ殺人罪じゃないのか大きな違和感を感じた。
殺したとまでは言えないが、殺したのと同じくらいの罪で裁きたいって事なのね。
世論ってホントに恐ろしいな、法律が決まってなくても罰を与える事が出来る。
よくそれで法治国家を名乗ったり、隣国の司法を非難したりするもんだよな。
まぁ、その恐ろしい日本の裁判についても、知ってたことだから今回は主旨じゃない。
あたし自身がもし高速道路を走っていたら、避けきれるのだろうかと不安になったのね。
避けきれずにぶつかって人を殺めてしまった後続車も裁かれるのかって事よ。
危険運転したやつの罪ばかり話題になり、ぶつかった人が話題にならないのがおかしい。



二つの内一つのケースはその電車の例と同様、後続車には避けようのない物だった場合。
高速道路での停車は後続車にとっては避けられないので、ぶつかっても許される。
誰でもぶつかるし、注意しても避けられないし、後続車は何も悪くない。
と、言うのであれば前述のように、停車させたこと自体が殺人罪だろ。
でもそうじゃなかったと言う事は、やはりもう一つのケースとしか思えないよな。
すなわち、避けることが出来るのに、不注意な後続車に追突された。
まっとうな後続車なら避けることが出来たから、殺人ではなく危険運転を問われた。
うん、でもそうだとしたら逆に、後続車が不注意で人を殺した裁きがあるはずなんだ。
停車させたのも危険だが、不注意でぶつかった後続車も悪いですよ、と誰もいわない。
停車させた事だけが原因で、後続車は不注意でないなら、危険運転じゃなく殺人だ。
うん、つまりね、起こった事と世論とは矛盾し、感情で人の罪を裁いたらしいのね。
そしてあたしが興味あるのは、その不注意な後続車の人なんだわ。
殺人じゃなく危険運転を問われた裁判をしてる事が、後続車が不注意だった証拠だ。
はたして、あたしのような運転が苦手な人は、高速道路で駐車車両を避けられるだろうか。
あたしでも避けられるなら、今回ぶつかったやつは相当な不注意と言う事になる。
スマホでもいじりながら運転してたとかそう言うレベルかも知れない。
ちゃんと運転してましたがそれでもぶつかりました、至極まっとうな人間です?
ならこれは危険運転じゃなく殺人事件だよ。
ホームに突き落とした場合と同じ、と何度も言っちゃうけど。

危険運転を裁きたいがために有利なことばかり言ってないで、隠してること全部出せよ。
あとおかしいと思えよ猿共も。
危険運転を裁きたいがために、後続車や被害者の不自然さに目が行かないんだろうな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。