テレビで出来なくなった事

昔は銭湯のドラマでおっぱい出てたし、時代劇でテゴメにされてもおっぱい出てた。
おっぱい出る番組は毎週おっぱい出して、それを楽しみに見る人もいたんだろう。
良いことと悪いことの基準が、時代によってどんどん変化していく。
昔の基準で悪いことしてない善人が、今の基準でだと悪人だったりする。
法律なりマナーが変化してるから、それに合わせて何が悪かの基準が変っちゃう。
んで、以前はテレビでおっぱい出ることに問題があるとは思ってなかったわけ。
つまり、今なにか普通にやってる事が、将来はテレビで映せなくなるかも知れないの。
極端な話、テレビに出たらしゃべっちゃダメ、みたいな事にだってなるかも知れないのね。
昔だって何がどう悪いか考えたこともない事が、ある時からダメって事に変化した。
いや、おっぱいの話をしたいんじゃないんだ。
地上波では出来ない事で、地上波じゃなきゃ出来る場合があるのが気になる。
Amazonプライムビデオなら地上波より過激なバラエティーもやってる。
スカパーでも元ヤクザにシャブセックスの体験談をしゃべらせてる。
見たことないけどAbemaTVでも地上波で出来ない番組をウリにしている。
なぜ地上波は出来ないのか、なぜ地上波じゃなきゃ出来るのか。
そんなにできない事だらけなら地上波が一番使えなくね?やめれば?
と言う事を疑問に思ったのね。



でもすぐわかったけど、番組の制作費を出すスポンサーがいるスタイルなのね。
コーラを売る会社が不適切な番組を作ると、コーラの悪口を言うやつが出てくる。
作った番組が誰の気分も害さないものじゃないと、スポンサーを獲得出来ないのね。
そうか、昨今のテレビはいろいろ規制が多いけど、これは地上波だけなんだ。
良かったわ、てっきり地上波に続いてそれ以外にも規制が多くなるかと心配した。
作った番組にテレビ局だけじゃなくスポンサーも責任を持つスタイルだからダメなんだ。
スカパーでおっぱい出しても、金払って見てる人がそれで良ければ良いんだもん。
動画サービスでおっぱい出しても、各自でそれを再生させなきゃ良いんだもん。
公共の電波で、何気なくテレビつけたらいきなりおっぱいが出るからダメなんでしょ。
んでダメかどうかの基準も、局がスポンサーに忖度して厳しめにしてるでしょ。
ギリギリを攻める事すら地上波では出来ないんでしょ。
これは民放という商売の限界を見たわ。
このスタイルでの金儲けだと、こう言う番組しか今は作れませんよと。
それどころか世の中、どんどん厳しくはなるけどゆるくはならないですよと。
最終的にテレビはニコニコしてるだけとか風景を写すだけになるしかない。

逆に地上波以外がオリジナルコンテンツで売るなら、そういうところが攻め所だ。
スポンサーに配慮しない番組ってところに、いくらでも隙間はあるって事でしょ。
そして昔は出来たが今出来ない事をやれば、考えなくてもネタは尽きないわけでしょ。
いくらでも尽きないネタが、地上波で出来ない隙間にゴロゴロ転がっている。
これ、普通に地上波より儲かる気がする。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。