コーナーキック重視

ワサコレのポーランドフォメはサイドハーフに誰を起用しても活躍しない。
どっちにしろカウンターでCFとOMFに放り込んで、二人だけで得点する。
他のフィールドプレイヤーはロングカウンターなので、ドン引きで何もしない。
相手のサイド突破に対してはサイドバックが対処するが、サイドハーフはいなくなる。
どこに隠れてるかというと、サイドバックよりさらに引いた位置で待ち構えている。
待ち構えて休んでるだけで、完全に丸っきり無駄なポジションだ。
攻守とも、サイドハーフはボールに触る機会がほとんどない。
たまにパスが回ってきても瞬間、嫌がってすぐに中央の二人にグラウンダーパスをだす。
このグラウンダーは裏を取るスルーパスじゃないのでオフサイドにはならない。
たとえこのポジションにスキルでスルーパスを配置しても、普通のグラウンダーをだす。
で、たまにこのグラウンダーが相手のパスカットにあうから、そこだけが心配。
すなわちパスのうまいやつがサイドハーフに必要で、たぶんテクニック値が重要。
たぶん、知らんよ。
それ以外の、どんなスキルを持ってるとかはあまり関係ないし、発動機会もない。
でも、うちはどんな条件が重なったときかわからないが、コーナーキックが多発する。
いる意味が無いサイドハーフに、ヘッドだのボレーだの持たせる作戦を試している。



うちはゲッツェとバッカなんだけど、こいつら流れの中では獲得EPゼロになりやすい。
そのおかげで、いざコーナーキックと言うときにスキル発動率がとても高い。
コーナーからコーナーだった場合、二人続けてスキル発動するからね。
つまりどっちかの発動したスキルで得点出来なくても、もう一人が尻拭いをする。
今は未極スアレスを試しているので、本来ならOMFエジルばっかり活躍するところだ。
ところがCFが未極だと、サイドハーフの出番が極端に上がってるみたいだ。
もちろんセットプレイでな。
ゲッツェ良いな、と思ってたらバッカも良い、その逆もあり。
スアレスを試してると言うよりも、ゲッツェとバッカを試してる感じになってる。
あまりにも気に入っちゃってて、これはもう中途半端な高コスト選手じゃ入閣できない。

まぁ、別のフォメに乗り換えた場合は別だが、ポーランドフォメではこれで良い。
気に入っている。
別のやり方の方が強いかも知れないけど、今のやり方の強さが気に入ってる。
連携でガチガチのチームなのに、連携に絡まない両サイドもこれでガチガチだ。
入れ替わるのはCFとGKだけ。
さあいつでもおいで、ケイン、レヴァンドフスキ、グリーズマン、ノイアー、ブッフォン。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。